4月24日、新たな格闘技イベント『POUND STORM』が両国国技館で開催された。EXILEをはじめ人気アーティストが所属するLDHが手がけた大会だ。LDHには格闘技・トレーニング部門の会社LDH martial artsがあり、DREAMでチャンピオンだった高谷裕之が代表取締役CEOを務めている。

 ジム「EXFIGHT」で一般向けに格闘技を指導し、LDH契約選手を発掘する「FIGHTER BATTLE AUDITION」を2度にわたって開催。その模様は「格闘DREAMERS」として配信された。この両国大会でメイン、セミに出場したのは第1回オーディションに合格したLDHファイターの中村倫也と宇佐美正パトリック。前半5試合では、第2オーディション最終審査となる闘いが行なわれた。 


 LDHのイベントだけに、試合の間にはEXILE SHOKICHIMIYAVIGENERATIONSTHE RAMPAGEのライブパフォーマンスも。目指すはライブと格闘技が融合した新たなスタイルのイベントだが、EXILE HIROは熱心な格闘技ファンでもあり「あくまで格闘技の大会だから」とスタッフに話していたという。格闘技を盛り上げるためにライブがある。そういう位置づけだ。

 オープニングパフォーマンスを終えると、SHOKICHIとRIKU(THE RAMPAGE)がマスコミの囲み取材に応じた。SHOKICHIは「試合を盛り上げられればという一心で、気合いの入るステージになりました」とコメント。音楽と格闘技の親和性については「選手のみなさんには登場曲がある。音楽はスポーツの役に立てる存在なのかなと。少しでも花を添えられたら」という。そして「いろんな方が見てくれると嬉しいです。これがきっかけになってこのイベントを知ってもらって、盛り上げに貢献できたら」。人気アーティストが全力で格闘技をバックアップしようとする姿からも、LDHの“本気度”が伝わる。会場には各アーティストのファンであろう女性客も多く、注目度の高さを感じさせた。

 RIKUは『格闘DREAMERS』にも関わり、参加者たちを鼓舞し、アドバイスを送ってきた。だからこそ、LDH格闘技の一つの到達点となる『POUND STORM』への思いもひとしおだ。

「LDHだからこそ創造できる総合エンターテインメントとして、会場のボルテージを上げようと一生懸命パフォーマンスさせていただきました。自分がケージを背負って歌う日が来るとは思ってなかったです。格闘技ファンとして光栄です。もっと格闘技が幅広く、性別、年齢問わず注目されるスポーツになるためにLDHのエンターテインメントの力は不可欠だと思います。(大会でのライブは)そのプライドを胸に“やってやるぞ”というある種の闘いでした」

 自身もEXFIGHTで格闘技の練習に取り組んでおり、自分たちのファンに格闘技の楽しみ方を語ってほしいという取材からのリクエストにも真摯に答えていた。

「格闘技は痛さが伝わる場面もあるんですが、そこに至るまでの選手それぞれのプロセスに注目すると、より応援できるし勝った時に嬉しいし、負けたら悔しいんです。なんで僕らがここまで熱くなっているのか、知ってもらえたら格闘技をより楽しんでもらえると思います」

 そして「我々がしっかりやっていくことで格闘技の見方が変わってくる。使命を全うしたい」という力強い言葉も。LDH格闘技には、単なる“芸能人とのコラボ”とはレベルの違う熱がある。

 ただ、試合は厳しいものになった。あえて格上選手とのマッチメイクにした結果、オーディション最終審査5試合は全敗。パトリックも判定負けを喫した。そんな中、メインで中村がブラジルの強豪アリアンドロ・カエタノに判定勝利。意地を見せている。

 メイン後、オーディションの総監督である高谷とヘッドコーチの岡見勇信がオーディションの結果を発表。光るものを持つ選手もいたものの、今回は「合格者なし」ということになった。華やかなイベントではあったが、格闘技の厳しい現実が突き付けられる結末だ。その厳しさも含めての格闘技だと、2人はインタビュースペースでの大会総括で語っている。

「厳しい結果にはなりましたけど、格闘技としていいものが届けられたと思います。これからも厳しくやっていきたいです。(次からも)こういう大会にしていきたい」(高谷)

「オーディション参加者がいなければ『POUND STORM』はなかったので。会場には僕らが見たことないファン層、女性たちがたくさんいて、みなさん温かかった。本当に新しいイベントになったと思います。これを続けていきたいし、そのことで格闘技の面白さ、素晴らしさ、厳しさも伝えられるんじゃないかと。格闘技は厳しい世界でしたけど、喜んでいただけた人が多かったです」(岡見)

 厳しい結果は“ガチ”なマッチメイクで世界に通用する選手を発掘しようとしたからこそ。そのハードルの高さも含めて、LDH格闘技の魅力だと言っていいだろう。

文/橋本宗洋

LIVEと格闘技が融合した新しいエンタテインメント『POUND STORM』を4月24日(日)15時よりABEMAで独占生配信決定!

LDH所属アーティストと、格闘技で夢を叶えようとする若きアスリートによるLIVEと格闘技が融合した新しいエンタテインメント「新たな格闘エンタテインメント“POUND STORM”始動!!」
ABEMAプレミアム会員なら20%OFF!

「自分にとっても闘い」(RIKU) LDHライブと格闘技の融合、新イベント『POUND STORM』発進
チケットを購入する
ABEMAプレミアム登録はこちらから

格闘技の試合がメインの3部構成となっており、第1部では、世界で通じる格闘家を生み出すためのビッグ・プロジェクトLDH『 FIGHTER BATTLE AUDITION Ⅱ』の最終選考を兼ねた計5試合を開催。第2部では、これから格闘技界での飛躍が期待される若手のサバイバルマッチを計3試合。

第3部では前回開催された『FIGHTER BATTLE AUDITION』にて、LDH所属選手としての契約を勝ち取り、プロデビューから快進撃を続ける中村倫也選手と、宇佐美正パトリック選手が強敵と対戦する2試合を開催。

【MATCH MAKE】
アリアンドロ カエタノvs 中村 倫也
大尊 伸光 vs 宇佐美 正 パトリック
山本 健斗デリカット vs 河名 マスト
風間 敏臣 vs 齋藤 奨司
グンター カルンダ vs エフェヴィガ 雄志
マックス ザ ボディvs オーディン
岩﨑 大河 vs 三上ヘンリー 大智
狩野 優 vs 中村 京一郎
スソン vs 宇佐美 秀 メイソン
海飛 vs 鈴木 崇矢

【LIVE ENTERTAINMENT ARTIST】
PKCZ® (EXILE MAKIDAI、DJ DARUMA、ALAN SHIRAHAMA)
EXILE SHOKICHI
GENERATIONS from EXILE TRIBE
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE
MIYAVI

POUND STORM | 新しい未来のテレビ | ABEMA
POUND STORM | 新しい未来のテレビ | ABEMA