大谷翔平、“満塁弾”直後に「タッチしな~いよ」ベースコーチとのやり取りに「嬉しそうで可愛い」ファンほっこり
【映像】大谷翔平とベースコーチのお茶目なやりとり »

【MLB】エンゼルス11-3レイズ(5月9日・日本時間10日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・DH」で先発出場。今季ホーム初となる5号ソロ、さらに自身キャリア初となるグランドスラムなど4打数3安打5打点3得点と躍動。チームの快勝に貢献した。またスタジアムが沸いた7回の6号満塁ホームランでダイヤモンドを一周する際には、三塁ベースコーチに対して大谷が見せた何気ない仕草が「嬉しそうで可愛い」などファンの注目を集める一幕もあった。

【映像】大谷翔平とベースコーチのお茶目なやりとり

 6回の第3打席、2番・トラウトに続いて10試合ぶりの5号ソロを放った大谷が7回に迎えた第4打席は、7-3と4点をリードして無死満塁という絶好の追加点の場面。レイズの3番手・フォーチャーを相手に1ストライク3ボールからの5球目、88マイル(約142キロ)の甘く入った変化球を捉えた打球はレフトへ高々と舞い上がった。

 打った大谷本人、さらにレイズのレフトを守るマーゴ―もインパクトの瞬間にスタンドインを確信する豪快な一発は413フィート(約126メートル)。大谷のキャリアでは初となる満塁ホームランとなった。

 スタジアムが騒然となる中、確信歩きを経てダイヤモンド一周を始めた大谷が三塁に差し掛かると、そこにはこの試合で2本目を意味する二本指を見せ、その後は右手を伸ばし、大谷をハイタッチで祝福するネビン・ベースコーチの姿が。これに応じるように笑顔で右手を上げた大谷だったが…次の瞬間、ベースコーチの右手をするりと避けると、今度はベースコーチと息の合ったバックハンドタッチを交わしてそのまま本塁へと向かった。

 その後、ホームインした大谷はベンチでハットをかぶり恒例の祝福を受けると、終始満面の笑み。そんな完全復調を遂げた大谷のお茶目な振る舞い、最高の笑顔に対してファンからは「嬉しそうで可愛い」「漫画でも描けない展開w」などの反響が寄せられていた。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】大谷翔平とベースコーチのお茶目なやりとり
【映像】大谷翔平とベースコーチのお茶目なやりとり
【映像】大谷翔平、トラウトとのアベック5号弾
【映像】大谷翔平、トラウトとのアベック5号弾
SPOTV NOW
SPOTV NOW