30cmでも“命の危険”…津波の恐ろしさを体験 緊急時に取るべき行動とは?「地震が来たら水に近寄らない」
津波で押し倒される辻キャスター »

 地震が発生し、津波が発生する可能性がある場合に、なぜ海岸に近づいてはいけないのか。津波による水の威力を、ニュース番組『ABEMA NEWS』の辻キャスターが体験した。

【映像】津波で押し倒される辻キャスター

 中央大学の研究室にある津波発生装置で、最初に行った体験は、30cmの高さの津波。膝より低い高さでも、少しずつ後ろに押され、自らの意思では何もできなくなるほどの力を持っている。

「30cmとは思えないくらい膝から持っていかれるっていう感触でした。あのもう膝を持っていかれるとそのままです。腰から下が効かないので、その地面に前に倒れてしまう。そういった危険性があると思いました。30cmでも場合によっては命の危険もあるのかなと言うことを感じました」(辻キャスター)

 続いて、10cmだけプラスした40cmの津波を体験した辻キャスター。あっという間に転んでしまい、ロープがなければその場にとどまることもできない。

 今回体験した津波の高さは、気象庁が発表する津波の高さの中でも一番下の津波注意報クラス。数字的には小さく見えても、海岸を乗り越えた津波には人を軽々と押し倒すだけの力があることがわかる。

 この水が持つ威力について、津波のメカニズムを研究する中央大学の有川太郎教授に聞いた。

「大体膝したぐらいですと。ひざ下にかかっている力は大体100kgから150kgぐらい。地震になったら当然ですが、基本的には水のそばに近寄らない。海だけではなくて川もそうです。また、堤防の上から流れてくるときもありますから、そういった意味では堤防にも近づかない、そんなことが大事になると思います」

 有川教授は、万が一、津波から避難できなかった場合、高いところに登るのが大事と明かす。

「ものにつかまって、高いところに上る。もう(津波が)来てしまった場合はそれしかないと思います。津波の力も危険ですが、その力の継続時間、何分も何十分もという継続時間がありますので、そういった意味では一回潜ってしまうと、なかなか息が続かない。そうなると、どうしても水の上に出てくるということが大事になる」

(『ABEMAヒルズ』より)

【防災企画】津波の威力を体験
【防災企画】津波の威力を体験
"うんこドリル"で川の安全呼びかけ
"うんこドリル"で川の安全呼びかけ
電気ガス水道24時間なし!検証してみた
電気ガス水道24時間なし!検証してみた