お見送り芸人しんいち、先輩の永野を褒め称えるも逆効果!?「やめてくださいオレの永野を!」とジュニア酷評
番組をみる »

 お見送り芸人しんいちが永野の“魅力”をスピーチしたところ、逆にイメージがダウンしたと千原ジュニアらからクレームを受けた。

【動画】お見送り芸人しんいち、先輩の永野を褒め称えるも逆効果!?

 5月25日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#33が放送。「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、各界のスピーカーが制限時間2分59秒内でスピーチを展開した。MCは千原ジュニア、日向坂46佐々木久美

 この日は「2分59秒で好きにさせるスピーチSP」。スピーカーたちは「この人のことをもっと好きになってほしい」という人物の魅力をスピーチした。

 R-1グランプリ王者のお見送り芸人しんいちは、事務所の先輩であるピン芸人・永野について、「嫌われ者芸人永野は才能の塊だ!」とぶち上げ。ジュニアは「俺の芸能界・お笑い界で数少ない友人の一人、永野さん」と期待した。

お見送り芸人しんいち、先輩の永野を褒め称えるも逆効果!?「やめてくださいオレの永野を!」とジュニア酷評

 スピーチの中でしんいちは、「永野さんは一般的な生活ができない。例えば、靴紐が結べない」「駅には着くけどホテルには付けない。マネージャーに全部聞く」と切り出し、「なのに、プライドがめちゃめちゃ高いです。『タレントは(車の)前に乗らない。後ろの(窓ガラスが)スモークがかった席に座るもの』とか」「ファンの人と写真撮影や握手した後、誰よりも早く楽屋に帰ってシャワー浴びたみたいに除菌する」「人のことを信用しないクズ芸人です」とサゲるエピソードを次々に暴露した。

 そんな永野だが、永野に目をかけてもらった芸人は売れる説があるそう。モグライダーカミナリが良い例で、的確なアドバイスを受けた後輩たちが次々と売れっ子になっていったという。

 芸人としての面だけでなく、永野にはマルチな才能も。永野が脚本やプロデュースに携わった『MANRIKI』という映画は、海外でいくつもの賞を受賞したそう。しんいちは「永野さんは世界で通用する。日本では評価されない」「もっと永野さんをすごいって言ってほしい」と訴えた。

 最後にしんいちは「後輩が本格的に売れると~」「悪口めっちゃ言う永野好き~」とおなじみのギター弾き語りネタを披露した。

お見送り芸人しんいち、先輩の永野を褒め称えるも逆効果!?「やめてくださいオレの永野を!」とジュニア酷評

 スピーチを聞き終えたジュニアは「違うねん、違うねん」としんいちにダメ出しを展開。「ちょっとオトして、その何倍もアゲるのがこのスピーチやねん」「サゲてサゲてサゲて、一段上げただけ」「始める前より永野下がってるから。違うねん~!(笑)」とスピーチを酷評した。みちょぱも「知らない部分が多くて、サガりすぎました」と永野へのイメージダウンを明かした。

 今回は3時のヒロイン福田麻貴ピスタチオ・小澤慎一朗、そしてMCの佐々木もスピーチを披露。ベストスピーチを聞かれたジュニアは「しんいち以外です」としんいちをバッサリ切り、「やめてください、俺の永野をあんな風に言うのは!」とプンプンしていた。

2分59秒
2分59秒
お見送り芸人しんいち、先輩の永野を褒め称えるも逆効果!?
2分59秒
2分59秒
各界からの論客が『今最も言いたい主張』を持ち込みぶつけあう!