「カワイイ~!」体長約10センチ 赤ちゃん同士でじゃれあう「プレーリードッグ」が話題
番組をみる »

 那須どうぶつ王国で暮らすプレーリードッグの赤ちゃん。よく見てみると、尻尾が黒いのがわかる。

【映像】赤ちゃん同士でじゃれあう「プレーリードッグ」

 その特徴から「オグロプレーリードッグ」と言われている種で、体長は約40センチまで大きくなるというものの、まだ子どもは10センチほどで可愛らしい。視聴者からは「あらカワイイ~」「ネズミっぽい!」などの反響が寄せられた。

 今月22日に、穴から出てきた最初の赤ちゃんが確認され、現在は7頭まで増えたそうだ。(『ABEMA Morning』より)

3カ月の柴犬がおもちゃに“可愛すぎる威嚇” 飼い主家族も思わず爆笑
赤ちゃん同士でじゃれあう「プレーリードッグ」
赤ちゃん同士でじゃれあう「プレーリードッグ」
“一緒すぎて笑ってしまう”猫と赤ちゃんの寝姿に反響
“一緒すぎて笑ってしまう”猫と赤ちゃんの寝姿に反響
寝起きに後ろ足を撫でられ“大暴れ”する子ネコ
寝起きに後ろ足を撫でられ“大暴れ”する子ネコ