稲葉陽八段、A級復帰戦を白星で飾る 96手で佐藤天彦九段に勝利/将棋・順位戦A級
番組をみる »

 将棋の順位戦A級1回戦が6月17日に行われ、稲葉陽八段(33)が佐藤天彦九段(34)に勝利した。前期、B級1組を戦い1期でA級復帰を果たした稲葉八段が、開幕戦で幸先の良い白星スタートを切った。

【動画】白星発進を飾った稲葉陽八段のA級初戦

 同世代のトップ棋士同士の一戦を稲葉八段が制した。佐藤九段の先手番で戦型は「相掛かり」に。中盤は角交換からねじり合いへと進行した。佐藤九段が玉を引いた一手に、稲葉八段が1時間26分の長考。夕食休憩明け、離れ駒となっていた金を狙う角の一手を選んだ。後手ペースで進んだ終盤戦では佐藤九段が反撃を仕掛けるも、稲葉八段が金駒2枚換えを恐れない強い踏み込みを見せてリードを拡大。一気に押し切って勝利を掴んだ。

 稲葉八段は前期、B級1組を戦って9勝3敗、藤井聡太竜王(王位、叡王、王将、棋聖、19)に続く2位でA級に復帰。2期ぶりのA級初戦を白星で飾った。来年3月に行われる最終一斉対局終了時点の成績最上位者が渡辺明名人(棋王、38)への挑戦権を得る。稲葉八段が目指すは第75期(2017年)以来の名人挑戦。2回戦では、棋聖挑戦中の永瀬拓矢王座(29)との対戦が予定されている。

 なお、同日に同じ関西将棋会館で行われていたA級2局は、広瀬章人八段(35)が糸谷哲郎八段(33)に、斎藤慎太郎八段(29)が菅井竜也八段(30)にそれぞれ勝利した。
ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】白星発進を飾った稲葉陽八段のA級初戦
【動画】白星発進を飾った稲葉陽八段のA級初戦
青嶋未来六段「よく手が見えるかも」 眼鏡オフのさわやかイメチェン姿が「星野源さんっぽい!」「素敵です」と話題