水沼尚輝、100メートルバタフライで日本勢初の銀メダル「メイクヒストリーできました」の名言も話題に/世界水泳
番組をみる »

 水泳の世界選手権(ブタペスト)7日目が6月24日に行われ、水沼尚輝が男子100メートルバタフライで50秒94のタイムで2位に入り、銀メダルを獲得した。同種目で日本人選手がメダルを獲得するのはオリンピック、世界選手権を通じて初の快挙。レース後、水沼からは「しっかりとメイクヒストリーすることができました」と、晴れやかな笑顔を見せた。

【動画】力泳で銀メダルを獲得した水沼尚輝

 50秒81の日本記録保持者である水沼は、周囲が前半から飛ばす中でも慌てずに自分の泳ぎに徹すると、後半50メートルでぐいぐいと加速。トップのクラークが抜け出す中、残り25、10と1かきごとに上位との差を詰めると、残り5メートルでもまだメダル争いが混沌とする中、最後の1かきで伸びタッチも合わせ、3位とはわずか0秒03差、4位とも0秒17差という激戦の中で、銀メダルをもぎ取った。

 レース直後、満面の笑みでインタビューに応じた水沼は「本当にここに来るまで非常に長い時間と年月をかけて、この舞台で戦えるようになって、すごく不思議な気持ちなんですが、この世界大会で銀メダルを取れたというのは非常にうれしく思います」とコメント。「本当にここまで多くの人たちの支えがあって、チームジャパンの声援だったり、テレビ越しの水泳ファンのみなさんの大きな声援がおそらく僕の背中を押してくれたおかげ」と感謝した。

 また同種目では日本人選手による世界大会初メダルになったことに「しっかりとメイクヒストリーすることができました」というひとことも。「このタイムだとまだまだアジア記録には遠いので、しっかりと50秒3を見据えたレース展開を考えていきたいと思います」と、さらに上を目指していた。会心のレースを目の当たりにしたファンからも「完璧なレース運び」「これはしびれた」「このレース展開はアツすぎる」「これは歴史的快挙やぞ」と感動の声が寄せられていた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】力泳で銀メダルを獲得した水沼尚輝
【動画】力泳で銀メダルを獲得した水沼尚輝
【動画】力泳する水沼尚輝に松田丈志氏も絶叫
【動画】力泳する水沼尚輝に松田丈志氏も絶叫