藤井聡太王位、ついにキノコ克服?昼食メニューの"トリュフ"にファン「大丈夫なの!?」「チョコじゃないよ?」と騒然/将棋・王位戦七番勝負第1局
番組をみる »

 まさかのオーダーに将棋ファンが騒然となった。将棋の藤井聡太王位(竜王、叡王、王将、棋聖、19)に豊島将之九段(32)が挑戦する、お〜いお茶杯王位戦七番勝負は6月28日、愛知県犬山市の「ホテルインディゴ犬山有楽苑」で第1局が行われている。昼食に藤井王位が選んだのは「トリュフバターのフレッシュパスタ」。キノコ嫌いを公言している藤井王位のこの注文に、ファンは「きのこやで!?」「大丈夫なの…」と心配の声が多数寄せられていた。

【動画】藤井聡太王位が注文した「トリュフバターのパスタ」

 藤井王位は昼食は、「イタリアンセット 犬山野菜のガスパッチョを添えて」をオーダー。メインは「トリュフバターのフレッシュパスタ」だった。平打ち麺に濃厚なトリュフバターが絡み、上には薄切りのトリュフがたっぷり添えられ、舌でも、香りも、目でも楽しめる贅沢な一皿だ。一方、挑戦者の豊島九段は、旬の味・鮎の塩焼きをメインとした「木曽川の恵み 鮎」の豪華定食の注文だった。

藤井聡太王位、ついにキノコ克服?昼食メニューの"トリュフ"にファン「大丈夫なの!?」「チョコじゃないよ?」と騒然/将棋・王位戦七番勝負第1局

 藤井王位が自身でも認める“弱点”がキノコだ。「食感が苦手」と、関西将棋会館での昼食も「バターライス(マッシュルーム抜き)」が定跡となっている。しかし、昼食での“まさかの一手”にファンは騒然。「トリュフってきのこやで!?」「ついにキノコも克服!?」「チョコと間違えているんじゃ…」「形がキノコっぽくないからいけるいける!」「これで完全無敵や!」といったコメントが殺到していた。ABEMAの中継で解説を務めた長岡裕也六段(36)も「トリュフ大丈夫なのかな…。トリュフならいいとみたのか、キノコとは想像してなかったのか…。苦手だった場合は、注文が悪手になってダメージになっているかも(笑い)」と思わず心配の声を上げていた。
(ABEMA/将棋チャンネルより)

【動画】藤井聡太王位が注文した「トリュフバターのパスタ」
【動画】藤井聡太王位が注文した「トリュフバターのパスタ」