大谷翔平、雄叫び投球の次は雄叫びスイング!途中降板の鬱憤か「怒りのフルスイング」「吼えた」「狙ったね」
番組をみる »

【MLB】エンゼルス4-1ホワイトソックス(6月29日・日本時間30日/アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場、投手として5回2/3を投げ5安打無失点、毎回の11奪三振で今季7勝目を挙げた。最速は今季最速タイの101マイル(162.5キロ)、球数は今季最多タイの108球の熱投で、序盤から球数が多かったところでもピンチでは雄叫びをあげながら抑え込んでいた。すると、この気迫が打席でも継続したのか、フルスイングとともに大きな声を張り上げた。

【動画】大谷翔平、怒りの雄叫びフルスイング

 これは怒りか、鬱憤か。6回途中までストレート、スライダー、スプリット、カーブと各球種を駆使し懸命に投げ続けていた大谷だが、球数を考慮してか6回2死一、二塁の場面で投手交代。中継映像では、明らかに続投したかった、このイニングは任せてほしかったという表情を見せていた。

 するとその裏の攻撃、先頭打者として打席に入ると、いつも以上の集中した、さらには怒りにも近い表情で構えに入った。カウント2-1と打者有利の状況から真ん中に入ってきたスライダーをフルスイング。いつも通りに頬を膨らませて振りにいったが、直後には「おりゃ!」とばかりに球場に響く大きな声を出していた。

 点差も少なかっただけに、自分の豪快な一発でリードを広げたいという思い、さらには降板を命じられたフラストレーションもあったのか、振った後には少し背中や腰を気にするほどの強振。ファンからは「顔が怒ってる」「吼えたw」「怒りのフルスイング」「狙ったね!」「吠えた」と、迫力に驚く反応が多く見られていた。
ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【動画】大谷翔平のカーブに手が出ず思わず足が出た相手打者
【動画】大谷翔平のカーブに手が出ず思わず足が出た相手打者
【動画】大谷翔平は微妙なボールの判定に「くー!」
【動画】大谷翔平は微妙なボールの判定に「くー!」
【動画】大谷翔平、怒りの雄叫びフルスイング
【動画】大谷翔平、怒りの雄叫びフルスイング