KDDI通信障害、災害時に提供される公衆無線LAN「00000JAPAN」を提供すべきだったとの声も
番組をみる »

 KDDIの大規模通信障害を受け、2016年の熊本地震発災時に無償提供された公衆無線LANサービス「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)を開放すべきだったのではないか、との意見もある。

【映像】大規模障害はなぜ起きた?クロサカタツヤ氏の解説

 情報通信分野の政策や技術に詳しい「企(くわだて)」のクロサカタツヤ代表は「沖縄県や鹿児島県の奄美地方には台風が接近していたわけで、個人的には良いアイデアだと思う。ただし本来の目的は災害用なので、全国で開放してしまった結果、被災地で使えなくなったら意味がない。また、今回はKDDI以外の回線は生きていたということもあるし、費用負担をどうするか、といった議論も必要だ。ただし、“いざというときにはこういうWi-Fiが使えるんだよ”、“00000JAPANというのがあるんだよ”、ということを皆が思い出せる状態を作っておくことは大切だ。これは政府の中でも検討してもらいたい」と話す。

 紗倉まなは「コロナ禍でインバウンドが落ちたからなのか、フリーのWi-Fiスポットが減っている印象がある」とコメント、ジャーナリストの佐々木俊尚氏は「地下鉄やコンビニでサービスが終了している。コロナも終わりに近づいてきていると思うので、再び外国人観光客の流入に備えて、もういちど公衆無線LANの普及について議論した方がいいと思う」と話していた。(『ABEMA Prime』より)
 

「補償」どこまで?“もしものとき”の対処法とは
「補償」どこまで?“もしものとき”の対処法とは
“携帯頼り”まざまざと…あらゆる社会活動に甚大な影響
“携帯頼り”まざまざと…あらゆる社会活動に甚大な影響
「地図見られず配達が中断」宅配ドライバー、歩合制のため収入減に
「地図見られず配達が中断」宅配ドライバー、歩合制のため収入減に
連絡つかないコロナの自宅療養者が普段の5倍程度に 通信障害の影響か
連絡つかないコロナの自宅療養者が普段の5倍程度に 通信障害の影響か
ABEMA TIMES
110番の件数は1割減も「auショップで口論になっている」などの通報も
110番の件数は1割減も「auショップで口論になっている」などの通報も
ABEMA TIME