トラウトの“腰が砕けた”ストライク判定に「今日の審判もか…」大谷翔平の二刀流登板に“吉か凶か”ファンの反応さまざま
【映像】トラウトの“腰が砕けた”ストライク判定 »

【MLB】マーリンズ-エンゼルス(7月6日・日本時間7日/マイアミ)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「3番・投手」で先発出場。今季14度目の二刀流登板で8勝目を目指すマウンドに上がっている。その初回、1回表エンゼルスの攻撃時に、2番・トラウトが球審のストライク判定に「え!?」と思わず腰が砕ける場面があり、視聴者から「審判おかしい」「さすがにボール」「おいおい今日も」「今日の審判広いぞ」など様々な反応が寄せられた。

【映像】トラウトの“腰が砕けた”ストライク判定

 トラウトが空振り三振に倒れた1回の第1打席、マーリンズ先発左腕・ロジャーズが投じた4球目は95.9マイル(約154.3キロ)の高めに浮き上がるようなストレート。これを見送ったトラウトだったが、球審の判定はストライクだった。

 すると次の瞬間、トラウトは「えっ!?」と言わんばかりに腰砕けになり、首を一つ捻って判定への不満をあらわにした。

 結果、トラウトは5球目の甘く入ったストレートで空振り三振に倒れたが、4球目のストライクコールに対して、視聴者からは「審判おかしい」「さすがにボール」「おいおい今日も」「今日の審判広いぞ」など、大谷が8勝目を目指す試合で球審の判定に対する様々な反応が寄せられた。投打ともに球審のやや不安定な判定に悩まされることの多い今季の大谷。きょうは吉と出るか、凶と出るか。初回は無死二、三塁から犠牲フライを許して連続イニング無失点が「22」で途絶えている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】トラウトの“腰が砕けた”ストライク判定
【映像】トラウトの“腰が砕けた”ストライク判定
【映像】トラウトの“腰が砕けた”ストライク判定
SPOTV NOW
SPOTV NOW