インコ「胸骨圧迫カイシ!」 “くちばしトントン”で心臓マッサージを再現 消防士から「小さな救命士」の呼び声
番組をみる »

「ねっちゅうしょーに… ねっちゅうしょー よーい!(チュンチュン)」

 この夏の暑さで心配な「熱中症」への注意を呼びかけているのは、セキセイインコのぴっちゃん。息子が救命士だという飼い主が「何か役に立てないか」と考え、ぴっちゃんとSNSで呼びかけることを始めたという。

【映像】1日10分動画で勉強!AEDを再現するぴっちゃん

「胸骨圧迫カイシ!ショックが必要です。離れてください!胸骨圧迫開始!(チュンチュン)」

 ぴっちゃんは、救命士が使用するAEDの扱いも動画で勉強。1日10分ほどの訓練で、見事なアナウンスや胸骨圧迫の再現まで行えるようになった。ときには、消防署でアドバイスをもらうこともあるそうで、今では消防士から「小さな救命士」と呼ばれているそうだ。

 一人でも多くの人命を救うため、きょうもぴっちゃんは呼びかけを続けているという。(『ABEMA Morning』より)

【映像】お喋りが上手なインコ
【映像】お喋りが上手なインコ
【映像】息ぴったりなインコたち
【映像】息ぴったりなインコたち
【映像】手拍子に絶妙な“合いの手”を入れるインコ
【映像】手拍子に絶妙な“合いの手”を入れるインコ
「犬も歩けば…」ことわざで“友達”にアドバイス?インコのトーク術が話題