アニメ「キングダム」4期15話、信&王賁が五千人将に昇格!2人の口論にファン「じゃれあい最高」
「キングダム」全シリーズ配信中 »

 7月16日より順次放送中のアニメ「キングダム」第4シリーズ第15話では、主人公・信(CV:森田成一)と玉鳳隊隊長・王賁(CV:細谷佳正)が昇格する姿が描かれた。

【配信】「キングダム」第15話

 同アニメは、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の原泰久氏による大ヒット漫画「キングダム」を原作としたアニメ第4期。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(CV:福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンだ。

 前回の第14話では、秦国内の政戦が描かれる“アイ国反乱編”が開幕。これに伴い、オープニング主題歌も在宅系音楽ユニット・zonjiの楽曲「geki」に変更された。同オープニングでは、“加冠の儀”の装束を着たエイ政や秦国の右丞相・昌平君(CV:諏訪部順一)が甲冑姿で戦う様子などが描かれている。今後の展開を示唆するような映像に、視聴者も「あー!そこ出す!って感じでやばすぎた」「めっちゃ素敵だった!」と大興奮だった。

 第15話「何もない男」では、著雍守備戦の功績を称える論功式典が執り行われた。騰(CV:加藤亮夫)が秦国で2人目となる大将軍に任命されたほか、信と王賁も五千人将に昇格した。信と王賁が口論を繰り広げるシーンもあり、Twitter上には「昇格おめでとう!!」「将軍まであと一歩か……」「ますます熱い」「賁様とのじゃれあい最高である」「信と王賁は似た者同士よね笑」といった感想が上がっていた。

第15話「何もない男」
【あらすじ】

アイ国建国による混乱に乗じた各国の動きを注視する事情から、秦国は著雍戦で功績のあった者を昇格させ、新たな軍の強化を図る。一方、列国からの援助もあり一層勢力を増すアイ国では、想定以上に強大化する国の状況を警戒する太后がロウアイに忠告。偽りの宦官から太后の愛人となり、アイ国の“王”と祭り上げられるまでになった自身の立場に、改めて恐れを抱くロウアイ。そんな中、ロウアイは大臣・虎歴からあることを持ちかけられ……?

※エイ政の「エイ」は環境依存文字
※アイ国の「アイ」は環境依存文字
※「ロウアイ」は環境依存文字
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
アニメ「キングダム」4期14話、“アイ国反乱編”がスタート!新OPにファン「すーーごくカッコイイ」
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第4シリーズ
キングダム 第4シリーズ

『キングダム』まとめ・最新情報一覧

桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
ABEMA TIMES

アニメ「キングダム」公式サイト