「規制の声は一切ない」コスプレ楽しむ参加者も…英で最大級ジャパン・フェスがリアル開催
番組をみる »

 新型コロナの感染が再び全国で拡大している。今夏に控えていたイベントなどが中止を発表する中、日本以外の海外の状況はどうなっているのだろうか。

【映像】アニメのコスプレ楽しむ現地のファンたち(画像あり)※7:20ごろ〜

 ANNロンドン支局・佐藤裕樹記者は「イギリスで新型コロナに感染しても、規制も隔離も必要ない」と語る。その言葉通り、ロンドン市内を見渡すと、ほとんどの市民がマスクをしていない。しかし、現地の感染状況は「日本と同じように感染が拡大傾向にある」という。

「ロンドンがあるイングランド地方では、今月13日までの1週間でおよそ315万人、人口の17人に1人が新型コロナに感染したと推定されています。しかし、イギリスでは新型コロナに感染しても、規制も隔離も必要ないため、感染者は自由に外出が可能です。また、会社に出勤しても問題ありません。ただ、体調不良になる人はいるので、人手不足に陥っています」(以下、佐藤記者)

「規制の声は一切ない」コスプレ楽しむ参加者も…英で最大級ジャパン・フェスがリアル開催

 また、ロンドンのある地下鉄では制御室の従業員が不足し「運休」のアナウンスがあったという。

「これは、日本でいう銀座線が運休になるぐらいのインパクトです。実際には人を集めることができて、運休にはなりませんでした。日本のように『今日の感染者は何人』といった情報や、医療のひっ迫はニュースになっていません。検査をしない人も多く、感染者数は統計データとして推測・推定するしかありません」
 
 日本のように感染者が増えている状況で、何も問題は起きていないのだろうか。

「そもそもイギリスは新型コロナへの向き合い方が、日本と全く違います。日本では新型コロナを、感染症法上の『2類』として、厳格な措置を取っていますが、イギリスではエボラ出血熱、サル痘といった感染症リストに新型コロナは入っていません」

「規制の声は一切ない」コスプレ楽しむ参加者も…英で最大級ジャパン・フェスがリアル開催
「規制の声は一切ない」コスプレ楽しむ参加者も…英で最大級ジャパン・フェスがリアル開催

 日本では過去最高の感染者数を記録し、イベントを中止ケースも相次いでいる。イギリスでは、7月22日から24日にかけて日本文化の博覧会「ハイパージャパン・フェスティバル」が開催されたが、現地を取材した佐藤記者は、こう振り返る。

「ハイパージャパン・フェスティバルはイギリス最大の日本文化の博覧会です。会場を使ったリアル開催は3年ぶりでした。3日間で3万人が訪れると言われていました。会場では、コスプレを楽しむ人も多く、日本の漫画やアニメのグッズのほか、日本酒なども売られていました。マスクの着用義務はなく、会場に入る際に検温もありませんでした。マスクはつけたい人がつけるのは、もちろん問題ありません。私は6月からロンドンにいますが、日本の感覚では『密だなぁ』と思うと同時に懐かしくも感じました」

ABEMA倍速ニュース

【解説】“コロナ治療薬”は「BA.5」にも効くのか? 研究結果を確認
ロンドンで日本フェス大盛況 コスプレ楽しむファンたち(現地の様子)
ロンドンで日本フェス大盛況 コスプレ楽しむファンたち(現地の様子)
市販のかぜ薬で「体力温存」も 医療ひっ迫…感染したら? 今すぐできる事前の対策
市販のかぜ薬で「体力温存」も 医療ひっ迫…感染したら? 今すぐできる事前の対策
感染拡大のたび医療逼迫 行動制限ないなか“7波”どう乗り切る?
感染拡大のたび医療逼迫 行動制限ないなか“7波”どう乗り切る?
テレワーク実施率“過去最低”16.2% 若い世代で低下
テレワーク実施率“過去最低”16.2% 若い世代で低下
飲食店の客数 制限解除後“最低”感染急増で減少か
飲食店の客数 制限解除後“最低”感染急増で減少か
「行動制限ではなく重症化リスクに応じた受診検討を」現場医師語る“医療逼迫の実態”
「行動制限ではなく重症化リスクに応じた受診検討を」現場医師語る“医療逼迫の実態”
沖縄の医療体制「壊滅的」…病床に余裕も患者を受け入れられない原因は?
沖縄の医療体制「壊滅的」…病床に余裕も患者を受け入れられない原因は?
感染急拡大の夏 どうなる“行動制限” 自分の身は自分で守る!
感染急拡大の夏 どうなる“行動制限” 自分の身は自分で守る!
“全国15万人超”夜間往診に依頼殺到 断るケースも…東京の救急車出動率“98%超”
“全国15万人超”夜間往診に依頼殺到 断るケースも…東京の救急車出動率“98%超”