大谷翔平へのボール判定に相手捕手が“腰砕け” 球審の判定に「えっ!?」視聴者も思わず「助かった」
【映像】球審の判定に“腰砕け”の相手捕手 »

【MLB】マリナーズ-エンゼルス(8月6日・日本時間7日/シアトル)

 エンゼルスの大谷翔平投手が「2番・DH」で先発出場。1回の第1打席できわどい変化球を見逃しボールとなった際、見逃し三振を確信した相手捕手が思わず腰を落として「えっ!?」というリアクション。スタジアムもどよめくシーンがあった。

【映像】球審の判定に“腰砕け”の相手捕手

 マリナーズ先発は注目のルーキー・カービー。1死走者無しで打席に入った大谷はカウント2-2からバックドアのスライダーを見逃しフルカウントとなった。この際、相手捕手のラリーは見逃し三振を確信して立ち上がろうとしたが、球審の判定に思わず腰砕け。驚いたリアクションをみせた。

 ABEMAで実況を務めている近藤祐司氏は「バックドア!きわどいコース!」とこの様子を伝え、映像ではストライクゾーンに入っていたことについて「もしAI判定が行われればストライクになるといわれているんですが」と付け加えた。

 普段は大谷が苦しめられるストライク・ボールの判定が、今回は大谷に味方した珍しいシーン。視聴者からも「ラッキーw」「入ってるけどもw」「助かったな」とこの判定へのコメントが多数寄せられた。なおこの打席、大谷はレフトフライに倒れている。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

【映像】思わず腰砕けとなったバックドア
【映像】球審の判定に“腰砕け”の相手捕手
【映像】球審の判定に“腰砕け”の相手捕手
【映像】覆わず腰が砕けたバックドア
【映像】覆わず腰が砕けたバックドア
SPOTV NOW
SPOTV NOW