『FIFA ワールドカップ カタール 2022』の「テレビ朝日ABEMA ワールドカップキャスター」に《やべっち》こと、ナインティナイン矢部浩之が就任することが決定した。
 
 矢部といえば高校時代はサッカー部に所属し、あふれるサッカー愛を持つ人物としておなじみ。2002年から2020年にかけて、サッカー情報番組『やべっちFC〜日本サッカー応援宣言〜』(テレビ朝日系列)のメインMCを長きに渡って務めたことで、サッカー界とのつながりも深いことで知られている。

 また、2014年のブラジル大会、2018年のロシア大会ほか、日本が初めてワールドカップに出場した1998年から6大会連続でワールドカップを現地観戦しているほどのサッカー好きとして知られ、「個人的に7大会連続、現場で観戦したいなと思ってます」と語っているほどの熱の入れよう。

 キャスターに就任した意気込みについては「ちょっと震えました。思わず家で、国歌斉唱の時の選手たちのように、胸に手を当てて目を瞑ってしまいました。改めて、今回のワールドカップも日本代表を応援できるんだと、非常に嬉しかったです!」と熱い気持ちを吐露。

 今回、日本代表(FIFAランク24位)は、スペイン(同6位)、ドイツ(同11位)、コスタリカ(同34位)と同じグループEとなり激戦は必至。このグループに関して矢部は「厳しいグループに入ったとは思っていますが、とにかくまずは、初戦であるドイツ戦が大事。勝てれば最高なんですが、ドローでもすごいなと思います。それで、先々の試合の展開が変わってくるんで」と、死闘の行方が気になる、さすがの分析を披露。

 また、ワールドカップ開幕“99”日前の8/14(日)に放送する「ABEMA」×テレビ朝日共同制作の特別番組『FIFA ワールドカップ64』には、矢部本人が「テレビ朝日・ABEMA ワールドカップキャスター」として登場、日本代表キャプテン・吉田麻也との対談に挑む。

 前回大会(2018年ロシア)のベスト16の壁を越えベスト8を目指す彼らの現在の心境やコンディションなど、矢部ならではの鋭い視点で切り込む。

テレビ朝日・ABEMA ワールドカップキャスター 矢部浩之 コメント全文

初めて『テレビ朝日・ABEMAワールドカップキャスター』への就任のお話を聞いた時は、ちょっと震えましたね。家で、国歌斉唱の時の選手たちのように、胸に手を当てて目を瞑ってしまいました。改めて、今回のワールドカップも日本代表を応援できるんだと、非常に嬉しかったです!

テレビ朝日系列では全10試合、「ABEMA」ではワールドカップ全64試合を生中継ですか。もう、救世主ですよね。「ABEMA」は、自分のスマホやパソコンでも見られるんで、僕も移動中とかに見るかもしれません。サッカーファンはもちろん、興味がない方もその場で見られるので、日本代表の応援にはとてもいいのではないでしょうか。

今回は、日本代表が掲げているベスト8以上を達成してほしいですね。厳しいグループに入ったとは思っていますが、とにかくまずは、初戦であるドイツ戦が大事。勝てれば最高なんですが、ドローでもすごいなと思います。それで、先々の試合の展開が変わってくるんで。達成できる可能性は十分あると思っています。

強いと言われている国が、ガタガタと崩れていく姿が、個人的には好きなんですよね。サッカーって、何か一つボタンを掛け違えたら崩れていくスポーツなので、そういう意味では、日本代表にも大いにチャンスがあると思っています! 特に今回は、通例の6月開催ではなく、初めての11月開催じゃないですか。国によっては、コンディションも全然変わってくるんじゃないかなと思っているんです。それが、日本代表にとっていい方向に向けばいいですね。

日本代表のベスト8以上をお手伝いする熱い応援と、サッカーの面白さを伝えることを意識して『テレビ朝日・ABEMAワールドカップキャスター』をやっていきます!

「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
三笘薫「ここで活躍できないとそれまで」 海外移籍の本音や日本代表としての熱い思いを語る