「ミトマ最高だ」三笘薫、プレミアデビューで即ファンの度肝を抜く“シャペウ”! 現地ファンを魅了

プレミアリーグ】ブライトン0-0ニューカッスル(8月13日・日本時間13日/アメックス・スタジアム)

 日本時間8月13日にプレミアリーグ第2節が行われ、日本代表・三笘薫が所属するブライトンがホームでニューカッスルと対戦。三笘は後半途中からピッチに立つと、ファーストプレーでいきなりファンの度肝を抜くプレーを披露し、見る者すべてを魅了した。

【映像】「MITOMA」がファーストタッチで魅せた“シャペウ”

 ブライトンのホーム開幕戦となったこの試合、0-0で迎えた75分、ついに三笘の出番が訪れた。背番号22を背負う「MITOMA」がピッチに立つと、現地ファンも熱狂で迎え、ABEMAで見守ったファンも「カオルタイム!!!!」「いけいけいけ!」と大興奮。最初のプレーにも注目が集まったが、彼はその期待を裏切ることはなかった。

 80分、スペイン代表GK・サンチェスから左サイドのハーフライン付近へロングボールが送られると、三笘は胸トラップをしながら、次のタッチで迫り来るディフェンスを“シャペウ”でかわして突破。さらに猛追する相手をいなしながら、一気に敵へと進入した。

 このプレーに、コメント欄は「ワクワクする」「普通に鳥肌立った」「いいね!」「シャぺウだと!?」「うっまww」「うめー」「えぐいw」とさらに沸き立つ。試合を解説した松原良香氏も、「胸のコントロールが足元にはまって、早速彼の良さを見せた」と絶賛した。

 その後も圧巻のプレーを見せた三笘。海外で見守った現地のファンもSNS上で「ミトマ最高だ」と興奮し、現地メディアも「わずか15分間で全ドリブル(2/2)、デュエルの勝利(3/3)、タックル成功(1/1)が100%だった」と伝えるなど、まさに無双状態だった。

 残念ながらゴールこそなかったものの、ほぼパーフェクトなデビュー戦だったと言える。試合はスコアレスドローに終わり、開幕2連勝とはならなかったが、ブライトンにとってはホーム開幕戦の勝ち点1と、「三笘薫の圧巻パフォーマンス」という結果を手にした。
(ABEMA/プレミアリーグ)

サッカー日本代表 独占インタビュー「THE VOICE」 日本代表選手たちの素顔に迫るインタビューを中心としたドキュメント番組
サッカー日本代表 独占インタビュー「THE VOICE」 日本代表選手たちの素顔に迫るインタビューを中心としたドキュメント番組
「ワールドカップ64」 やべっち×吉田麻也SP対談!ほか、現役日本代表選手・OB多数出演
「ワールドカップ64」 やべっち×吉田麻也SP対談!ほか、現役日本代表選手・OB多数出演
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
「人間魚雷かよ」プレミアリーグで起きた“殺人タックル”が物議 「うぉ! 飛んでましたね…」放送席も驚き
【映像】「MITOMA」がファーストタッチで魅せた“シャペウ”
【映像】「MITOMA」がファーストタッチで魅せた“シャペウ”
三笘薫のライバルが試合そっちのけで巨漢DFと迫力の“どつき合い”! サポーターが頭抱えてお口あんぐり
三笘薫のライバルが試合そっちのけで巨漢DFと迫力の“どつき合い”! サポーターが頭抱えてお口あんぐり
「人間魚雷かよ」プレミアリーグで起きた“殺人タックル”が物議 「うぉ! 飛んでましたね…」放送席も驚き
「人間魚雷かよ」プレミアリーグで起きた“殺人タックル”が物議 「うぉ! 飛んでましたね…」放送席も驚き