グラドル石原由希、初体験の思い出を明かす「高校時代、大切な試合の朝…」
番組をみる »

 『ニューヨーク恋愛市場』にて、グラビアアイドルの石原由希が初体験の思い出を明かした。

【動画】石原由希、初体験の思い出を赤裸々告白(36分頃~)

 ABEMAオリジナル番組『ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)』は、毒舌芸人ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政が“オトコ”と“オンナ”のリアルを射抜く恋愛バラエティ番組。8月23日のゲストには、石原由希とロングコートダディが登場した。

 この日は、「ちょっとHな恋バナダウト」が開催。スタジオメンバーには「ホント」と「ダウト」のカードが配られ、手持ちのカードから1枚出してもらい、出したカードが「ホント」なら本当の恋バナを、「ダウト」だった場合は「嘘」恋バナを披露。聞いていた人は、その話が本当だと思ったらスルー。ウソだと思ったら「ダウト!」と宣告してもらう。

グラドル石原由希、初体験の思い出を明かす「高校時代、大切な試合の朝…」

 石原が披露したのは、高校生の頃の話。サッカー部のマネージャーをしていたという石原は、チームのエースと交際していたそうだ。石原は当時のことを振り返り「大事な試合の日の朝に『頑張るぞ』ってテンションが上がりすぎて、お互いに人生初めてのエッチをしてしまったんです。試合の前に。その後、試合会場に行ったら、彼がふわふわしてて。もちろん試合は負けました」と明かした。

 嶋佐は「これはダウトじゃねえか!」とダウトを宣言。「朝はないです。前日ならわかりますが、高校生って試合前に場所とかもないし」と分析した。

グラドル石原由希、初体験の思い出を明かす「高校時代、大切な試合の朝…」

 しかし、石原の話は「ホント」。石原は「試合に一緒に行く。彼の家に離れ部屋があって…」とさらに詳しく当時の思い出を語った。

ニューヨーク恋愛市場
ニューヨーク恋愛市場
#41:オトナの関係女子のS●Xルール。続けるための秘訣とは
ニューヨーク恋愛市場
ニューヨーク恋愛市場
#37:ワンナイト調査!アレさえなければOKしたのに…
マッチングアプリでぼったくりが大流行中! 被害者が体験談を明かす「安心感が募ってきて…」「ATMまでついてきた」