野呂佳代、AKB48オーディションは詐称だらけで合格したことを明かす「年齢、写真、足のサイズ…」
番組をみる »

 野呂佳代AKB48のオーディションに詐称だらけで合格したと明かした。

【映像】野呂佳代、罵倒された過去の恋愛と結婚の決め手を語る(24分頃~)

 8月24日、テレビ朝日ABEMAが共同制作する「“ネオバズ”水曜日『2分59秒』」#46が放送。「人間の集中力は3分しか持たない」という仮説のもと、各界のスピーカーが制限時間2分59秒内でスピーチを展開した。MCは千原ジュニア日向坂46佐々木久美

野呂佳代、AKB48オーディションは詐称だらけで合格したことを明かす「年齢、写真、足のサイズ…」

 誰かにお世話になったエピソードが話題になると、野呂は「やっぱり秋元康先生ですかね」と大御所の名前を出した。実は野呂、AKB48のオーディションを詐称だらけで合格したという。「オーディションを受けた時、すべて詐称で見事受かりまして。年齢、写真、足のサイズ…本当にごまかしながら受かったんです」と明かした。

 野呂には別の事務所にちょっとだけ所属していた時期があり、そこに本当のプロフィールが残っていた。デビュー1週間前に真の情報が発覚し、野呂は「すみません、たぶんクビだと思うんですけど、こういう事情で年齢ごまかしちゃってまして」とマネージャーに相談。マネージャーは「野呂はクビかもしれないね」と答えつつ、秋元に報告したという。

 ところが秋元は「そんな子、めっちゃ面白いじゃん」と野呂の詐称をスルー。野呂のクビ騒動はあっけなく終わった。野呂は「その一声で残ったという…。本当にお世話になりました」と秋元への感謝をにじませていた。

2分59秒 #46
2分59秒 #46
初代バチェロレッテ・ジャパン福田萌子が語る理想のパートナーとは!?
2分59秒
2分59秒
秋元康監修の新番組!各界から集まったゲストが渾身の持論を展開するリアルスピーチバラエティ。今こそ世間に訴えたい独自のテーマを持ち寄り「2分59秒」で熱く語り尽くす。
野呂佳代、幼少時の誘拐未遂を語る…「お子さんといる時は気をつけて」