アニメ「キングダム」4期第21話でエイ政が“人の本質”を熱弁!「胸熱すぎる」と話題に
「キングダム」全シリーズ配信中 »

 8月27日より順次放送中のアニメ「キングダム」第4シリーズ第21話では、第31代秦王・エイ政(CV:福山潤)と相国を務める実力者・呂不韋(CV:玄田哲章)による舌戦が繰り広げられた。

【配信】「キングダム」第21話

 同アニメは、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の原泰久氏による大ヒット漫画「キングダム」を原作としたアニメ第4期。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV:森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・エイ政の活躍を描いた中華戦国大河ロマンだ。

 前回放送の第20話では、エイ政と呂不韋が秦国の未来について語り合った。中華統一を目指すエイ政に、呂不韋は天下の起源を力説。「貨幣制度が天下を作り、人は他人との裕福の度合いを比較する物差しを手にしてしまった」と語った。持論を展開する呂不韋に、Twitter上では「台詞の全てが名言」「今にも通じる話しよね」などの感想が続出。エイ政役の声優・福山潤も「真理よね」と、呂不韋の考えに理解を示していた。

 第21話「唯一の勝機」では、考えを述べた呂不韋に、エイ政が「手前勝手な『現実』という言葉で問題にフタをするな」と反論した。さらに、エイ政は「凶暴性も醜悪さも人の持つ側面だ。だが決して本質ではない。人の持つ本質は、――光だ」と“人の本質”について熱弁し、「暴君のそしりを受けようが、力で中華を分け隔てなく、上も下もなく、一つにする!」と宣言してみせた。

 エイ政が自身の過去について語る一幕もあり、視聴者からは「胸熱すぎる……」「涙が止まらない」「ここで紫夏は泣くわ」「秦の大王様めっちゃいい男」「政の考え、想いに聞き入ってしまった」といった声が相次いでいた。

第21話「唯一の勝機」
【あらすじ】

“中華統一”によって国を一つにし、戦国時代を終わらせることを目指すエイ政に対し、呂不韋は「戦う動機は人それぞれにあり、人の世から戦はなくならない」と言い切る。しかしエイ政は「世の中をより良い方向へと進めることこそが為政者の役目である」と述べ、人の心の本質とそれを教えてくれた恩人のことを語り始める。一方咸陽では、秦国への復讐に燃える戎テキ公率いる軍に押し込まれた秦軍が、劣勢を覆すことができずにいた。

※エイ政の「エイ」、戎テキ公の「テキ」は環境依存文字
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
アニメ「キングダム」4期第20話、呂不韋が語る“天下の起源”に声優・福山潤も納得「真理よね」
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第4シリーズ
キングダム 第4シリーズ

『キングダム』まとめ・最新情報一覧

桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
ABEMA TIMES

アニメ「キングダム」公式サイト