アニメ「キングダム」4期第22話 昌平君、文官なのに強すぎ&カッコ良すぎ…!「男でも惚れる」と反響続々
「キングダム」全シリーズ配信中 »

 9月3日より順次放送中のアニメ「キングダム」第4シリーズ第22話では、秦国の右丞相にして軍総司令も務める天才軍師・昌平君(CV:諏訪部順一)の意外な強さが明らかになった。

【配信】「キングダム」第22話

 同アニメは、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の原泰久氏による大ヒット漫画「キングダム」を原作としたアニメ第4期。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV:森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(CV:福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンだ。

 第21話では、自身の考えを述べた呂不韋(CV:玄田哲章)に、エイ政が「手前勝手な『現実』という言葉で問題にフタをするな」と反論した。さらに、エイ政は「凶暴性も醜悪さも人の持つ側面だ。だが決して本質ではない。人の持つ本質は、――光だ」と“人の本質”について熱弁。「暴君のそしりを受けようが、力で中華を分け隔てなく、上も下もなく、一つにする!」と宣言した。これにファンからは「胸熱すぎる……」「涙が止まらない」「聞き入ってしまった」といった感想が寄せられた。

 最新話にあたる第22話「命がけの逃避」では、劣勢の続く秦軍の元に昌平君一団が駆けつけた。昌平君は、自軍を分散させながら敵軍に突撃し、多くの敵兵を一撃でなぎ払ってみせた。昌平君が幼い頃は秦軍最強の猛将・蒙武(CV:楠大典)より強かったことも明かされ、昌平君の意外な能力が判明した第22話。Twitter上では「カッコ良すぎ!」「文官でありながら武力もあるなんてずるい」「総司令ほんま渋い」「男でも惚れるぞこの展開は!!」「昌平君の勇姿にもっていかれました」など興奮の声が相次いでいた。

第22話「命がけの逃避」
【あらすじ】

王女・麗を守るべく走る向と陽の前に、後宮まで入り込んだ敵の一隊が現れた。王女とその母・向を逃がすため身を挺して敵に立ちはだかる覚悟を決めた陽。そこに飛信隊隊長・信が駆けつける。
一方、咸陽の城外で戦いの指揮を執る河了貂は、劣勢の続く秦軍に焦りを募らせていた。これ以上敵を城内に侵入させないため、を仕切り直す猶予もない。必死で打開策を見出そうとする河了貂だが……!?

※エイ政の「エイ」は環境依存文字
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
アニメ「キングダム」4期第21話でエイ政が“人の本質”を熱弁!「胸熱すぎる」と話題に
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第4シリーズ
キングダム 第4シリーズ

『キングダム』まとめ・最新情報一覧

桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
ABEMA TIMES

アニメ「キングダム」公式サイト