アニメ「キングダム」4期24話、“咸陽の乱”が終結!頭を下げる太后に視聴者「涙出てきた」
「キングダム」全シリーズ配信中 »

 9月24日より順次放送中のアニメ「キングダム」第4シリーズ第24話で、秦王・エイ政の実母である太后(CV:坪井木の実)が我が子のために頭を下げる様子が描かれた。

【配信】「キングダム」第24話

 同アニメは、「週刊ヤングジャンプ」(集英社)にて連載中の原泰久氏による大ヒット漫画「キングダム」を原作としたアニメ第4期。春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(CV:森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・エイ政(CV:福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマンだ。

 前回の第23話では、秦国の軍総司令を務める天才軍師・昌平君(CV:諏訪部順一)が見事な手腕を発揮した。昌平君は一撃必殺の形“包雷”を展開させ、敵将・戎テキ公(CV:辻親八)の軍に突撃。真っ向勝負を仕掛けてきた戎テキ公の片腕を斬り落とし、その直後に首を討ち取ってみせた。圧倒的な知略と武力を見せつけた昌平君に、ファンも「カッコよさ半端ないんやけど」「有能すぎる」「推しキャラになりました」と大興奮だった。

 そして迎えた第24話「内乱の終着点」では、ついに“咸陽の乱”が決着を迎えた。太后は「ロウアイを処刑するなら、その前にこの太后を刑に処せ!」とロウアイの尋問に乱入。しかし、ロウアイとの間に生まれた子どもが殺されることを察すると、「どうか2人の子の命だけは助けてくれ」とエイ政に頭を下げて懇願した。これにTwitter上では「太后様が頭下げるとは思わなかった!」「ここに来て母の愛を見せるとは…」「涙出てきたわ…」「助命を叫ぶ気持ちもわからんではないよ…」といったコメントが上がっていた。

第24話「内乱の終着点」
【あらすじ】

咸陽での戦いが終わった。これにより秦王・エイ政と相国・呂不韋の権勢争いもついに決着がつき、秦国は新たな時代を迎える事となる。此度の反乱の首謀者として捕らえられたロウアイは、これまでの経緯を包み隠さず自供し刑に処される事となったが、そこへ突如太后が現れ自身の罪を語ると、ロウアイとともに刑を受ける事を望む。しかしこれを聞き入れないエイ政。すると太后は思わぬ事を口走り、その場にいた者すべてを驚かせる行動に出る。

※エイ政の「エイ」、「ロウアイ」は環境依存文字
(C)原泰久/集英社・キングダム製作委員会

「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第4シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第3シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第2シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
「キングダム」第1シリーズ
アニメ「キングダム」4期第23話も昌平君が大活躍!敵を討ち取る姿に“推し変”するファン続出!?
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第1シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第2シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第3シリーズ
キングダム 第4シリーズ
キングダム 第4シリーズ

『キングダム』まとめ・最新情報一覧

桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
桓騎とは?雷土、砂鬼との関係や弱点を解説
ABEMA TIMES

アニメ「キングダム」公式サイト