柏木由紀、苦手な男性の行動を明かす「私よりもデキる人は嫌」
番組をみる »

 『ニューヨーク恋愛市場』にて、柏木由紀の苦手な異性のタイプが明らかになった。

【動画】柏木由紀の苦手な男性の行動を実演(36分頃~)

 ABEMAオリジナル番組『ニューヨーク恋愛市場(れんあいしじょう)』は、毒舌芸人ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政が“オトコ”と“オンナ”のリアルを射抜く恋愛バラエティ番組。9月27日のゲストには、柏木由紀とデニスが登場した。

 この日は、「嫌いな行動を当てろ 愛せず嫌い王」が放送された。ゲームの参加者は、異性の大好きな行動を4つ用意。実は、その中に大嫌いな行動が1つだけ含まれており、対戦相手は4つの内容を吟味しながら、どれが大嫌いな行動かを当てるというルールだ。対戦したのは柏木とデニス。

柏木由紀、苦手な男性の行動を明かす「私よりもデキる人は嫌」

 柏木は「LINEで今何をしているのか逐一報告してくる」「注文するメニューをすべて決めてくる」「日常的にボケたりツッコんだりする」「冷蔵庫にあるもので簡単な料理を作ってくれる」という4つの行動を用意し、最終的に「冷蔵庫にあるもので簡単な料理を作ってくれる」という行動が大嫌いだと判明した。

 その理由について柏木は「苦手だけど、頑張りたい気持ちはあるんです。デキる男がいいというのは逆で、私よりもできる男はイヤなんです。劣等感を抱きたくない。頼られたいというか」と明かした。

柏木由紀、苦手な男性の行動を明かす「私よりもデキる人は嫌」

 ちなみに「日常的にボケたりツッコんだりする」に関しては「とりとめもない話を広げてほしい」「LINEで逐一報告してくる人」に関しては「私が言わなくてもいっぱい送ってくれるってことで、常に私のことが頭にあるだなってことで愛情を感じる」とコメントしている。

ニューヨーク恋愛市場
ニューヨーク恋愛市場
#45:相席ラウンジ潜入!男女のリアルな会話とは&柏木由紀恋話
ニューヨーク恋愛市場
ニューヨーク恋愛市場
#41:オトナの関係女子のS●Xルール。続けるための秘訣とは
25歳女性経営者、ヒモを飼いたい理由は「彼氏を作りたくない」 志望者たちとマッチング企画開催