そっくり美女対決で衝撃一本 「姉妹のよう」「まさにツヨカワ」「可愛いがネタにならないくらい強い」驚きと称賛の声
【映像】そっくり“美女対決”で衝撃一本 »

 顔もキャリアも似ている美女2人。グラップリングとサンボ、実力者同士の一戦は、わずか2分での衝撃一本決着。相手に何もさせない強さに「まさにツヨカワ」と驚きの声が、さらに「姉妹のように似ている」などの反響も続々寄せられた。

【映像】そっくり“美女対決”で衝撃一本

 11月19日にシンガポールで開催されたONE Championship「ONE FIGHT NIGHT 4」。ダニエル・ケリー(アメリカ)とマリア・モルチャノバ(ロシア)のグラップリング戦は、開始からわずか2分、ケリーがバックチョークで圧巻の1本勝ち。アイドル的人気と実力を兼ね備えたケリーが圧倒的な強さを示した。

そっくり美女対決で衝撃一本 「姉妹のよう」「まさにツヨカワ」「可愛いがネタにならないくらい強い」驚きと称賛の声

 ケリーはグラップリング界のトップ選手、対するモルチャノバはサンボのロシア、欧州で連覇を果たした強豪だ。またケリーがインスタフォロワー22.8万人のインフルエンサーである一方、モルチャノバはモデル活動を行うなど、格闘技のみならず華やかな両者対決の実現に視聴者は試合前から「美人だ」「美女対決だ」などとざわついた。

 しかし、勝負はあっという間に決した。開始とともに引き込んだケリーは、徐々に体を移動させながらバックに回り込むとチョークで締め上げる。モルチャノバも必死で抵抗するが、ガッチリと足でフックされた状態で防戦一方。チョークを絞められたまま一度は立ち上がるが、倒されて完全にバックチョークの体勢に持ち込まれタップ。この鮮やかな一本には「まるで青木真也のバックチョーク」といった声も聞かれたほどだ。

 何もできずに絞められたモルチャノバは、完敗を受け入れるように勝ったケリーに話しかける。勝者もこれに応えるように相手を抱えて立ち上がらせ、ハグで互いの健闘を称え合った。

 試合後に中央で並ぶ両者の顔立ちが似ていることから「姉妹のように似ている」といった指摘も。さらに電光石火のケリーの勝利に「この選手は人気が出るね」「まさにツヨカワってこういう人のこと」「可愛いがネタにならないくらい強い」「勝てる人が当分いないだろう」など反響は様々。文句なしの完勝に、ケリーは5万ドルのファイトボーナスを獲得した。

【映像】そっくり“美女対決”で衝撃一本
【映像】そっくり“美女対決”で衝撃一本
「俺が形にしてやるからよ」平田樹の計量失敗と自らの敗戦 青木真也が一夜明けたプールサイドで語ったこと
「俺が形にしてやるからよ」平田樹の計量失敗と自らの敗戦 青木真也が一夜明けたプールサイドで語ったこと
ABEMA、ONE Championshipと年間契約 2023年は年間60大会を超える生中継を決定 
ABEMA、ONE Championshipと年間契約 2023年は年間60大会を超える生中継を決定 
「俺が形にしてやるからよ」平田樹の計量失敗と自らの敗戦 青木真也が一夜明けたプールサイドで語ったこと