終始殴り合いの韓国vsウルグアイ戦
【映像】これがスコアレス? 終始殴り合いの韓国vsウルグアイ戦 »

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループH】ウルグアイ0-0韓国(日本時間11月24日/エデュケーションシティ スタジアム)

 日本時間24日、『FIFA ワールドカップ カタール 2022』グループH第1節のウルグアイ対韓国が行われた。世界屈指の強烈アタッカーか、アジア最高の選手ソン・フンミンか。攻撃的なゲームが期待された一戦は、互いにゴールに迫る激しいゲームとなったが、そのアグレッシブな内容とはうって代わって0-0で決着。初戦は勝ち点1を分け合う結果となった。

【映像】これがスコアレス?終始殴り合いの韓国vsウルグアイ戦

 序盤は韓国が優勢だった。中盤でボールを回しながら、サイドを効果的に使ってゴール前に侵入。戦前の予想ではウルグアイ有利と思われたが、立ち上がりは守備の対応に追われる展開となっていた。それでも、ABEMAの解説・名波浩氏が「14分かかりましたね」と話したように、少しずつ立ち直していくと、中盤からのプレスで睨みを効かせるようになっていた。そして前半の中盤を過ぎた頃から、ウルグアイが一気に攻勢を強めていく。

 18分にフェデリコ・バルベルデ(レアル マドリード/スペイン)がアクロバティックなボレーで決定機を迎えるなど、ゴールのにおいが立ち込めていく。とはいえ、韓国も25分にソン・フンミン(トッテナム/イングランド)が左サイドで得意のカットインからチャンスを演出し、33分には、ファン・ウィジョ(オリンピアコス/ギリシャ)がこの試合で最もゴールに近づいたが、シュートは枠を外れてしまう。

 韓国が勢いづきながらも、両チーム同じくらいチャンスを作り、球際に激しい攻防が繰り広げられていた。しかし、スコアが動かないまま試合を折り返した。

 後半に入っても両チームとも激しい攻防を繰り広げながらも、ファウルが少ないクリーンなゲームが続いていく。そんな中で64分、ルイス・スアレス(ナシオナル/ウルグアイ)に代わって、エディンソン・カバーニ(バレンシア/スペイン)がピッチイン。ファンは両者が並び立つシーンを心待ちにしたが、この試合では実現しなかった。

 その後も、決定打を打てないまま試合は終盤へ。ダルウィン・ヌニェス(リバプール/イングランド)やカバーニといったヨーロッパでも指折りの攻撃陣を誇るウルグアイが攻め込み、89分にはバルベルデのミドルが左ポストをたたくなど、手に汗を握る展開が続くが、最後までスコアは動かない。

 両チームほぼ五分五分の激しい打ち合いとなった試合はスコアレスでのタイムアップ。試合終了後は、ピッチに倒れこむ選手が多いなか、互いの健闘を称えあうシーンもみられた。なお、ウルグアイは28日にポルトガルと、韓国も同日にガーナと第2節を戦う。

(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

【映像】これがスコアレス?終始殴り合いの韓国vsウルグアイ戦
【映像】これがスコアレス?終始殴り合いの韓国vsウルグアイ戦
日本戦や本戦は全部見られる? ワールドカップ2022の試合日程・地上波テレビ放送情報
日本戦や本戦は全部見られる? ワールドカップ2022の試合日程・地上波テレビ放送情報
FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド
ABEMAでワールドカップ2022を視聴する方法!料金はいくら?録画はできる?
ABEMAでワールドカップ2022を視聴する方法!料金はいくら?録画はできる?
FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド
ABEMAでワールドカップ2022を視聴する方法!料金はいくら?録画はできる?
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA