祖国を相手にW杯初ゴールを決めたスイス代表エンボロ
【映像】カメルーン生まれのスイス代表が決めた恩返し弾で感極まる »

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループG】スイス 1 vs 0 カメルーン(日本時間11月24日/アル・ジャヌーブ・スタジアム)

 生まれ育った祖国を相手に決めた、今大会初ゴールだった。カメルーン生まれのスイス代表ブレール・エンボロが、カメルーンを相手に“恩返し弾”をマーク。歓喜に湧く味方に抱き寄せられながら、長い時間、自身のワールドカップ初得点をかみ締めていた。

【映像】カメルーン生まれのスイス代表が決めた恩返し弾で感極まる

 前半から何度かカウンターでチャンスメイクするも、決定的なフィニッシュを見せられないまま時間が経過。スイスはスコアレスで試合を折り返した。

 均衡を破ったのは後半早々だった。48分、左サイドから攻撃を開始したスイスは、日本代表DF冨安健洋の同僚でもある中央のグラニト・ジャカ(アーセナル/イングランド)を経由して、右サイドへ。ボックス内に走り込んだジェルダン・シャキリ(シカゴ/アメリカ)が右足のダイレクトで折り返すと、ゴール前で待ち構えたブレール・エンボロ(モナコ/フランス)が冷静にフィニッシュを流し込んで先制点をマークした。

 エンボロの生まれ故郷は、カメルーンの首都ヤウンデだ。

 両親の離婚をきっかけに5歳で母親と共にフランスへと移住し、その後、スイスのバーゼルで暮らすことになった。サッカーを続けてきたエンボロは、カメルーンへの思いを胸に抱きながらも、17歳の時にスイス代表となることを選択したのだった。

 2016年には元日本代表・内田篤人氏とシャルケでプレーし、現在は、南野拓実と共にモナコでプレーする。得点シーンをABEMAの解説・水沼貴史氏は「崩し方も綺麗でしたけど、質です。シャキリは左利きですが、右足で入れた。完全にフリーであることをシャキリが見えていたので、本当は左足に持ち替えたいけど、あのタイミングを逃したらチャンスにならないので、右足で入れた」と、シャキリのラストパスを評価したが、「そこにいることがエース」とも話していた。スイスのワントップを任されるエンボロは、貴重な今大会初ゴールをマークし、その1点が決勝点となり、68年ぶりベスト8を狙うチームをけん引した。

 現在25歳。19歳の頃にはすでに「エンボロ財団」を設立し、スイスに住む難民の子どもと、祖国カメルーンとペルーに住む貧困者層の子どもを支援する活動を続けている。祖国を愛し、自身のルーツを胸に戦うエンボロは、今大会でどこまで飛躍できるだろうか。

(ABEMA/FIFA ワールドカップ カタール 2022)

【映像】カメルーン生まれのスイス代表が決めた恩返し弾で感極まる
【映像】カメルーン生まれのスイス代表が決めた恩返し弾で感極まる
ABEMAでワールドカップ2022を視聴する方法!料金はいくら?録画はできる?
ABEMAでワールドカップ2022を視聴する方法!料金はいくら?録画はできる?
FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド
日本戦は全部見られる?ワールドカップ2022の試合日程・地上波テレビ放送情報
日本戦は全部見られる?ワールドカップ2022の試合日程・地上波テレビ放送情報
FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド
ABEMAでワールドカップ2022を視聴する方法!料金はいくら?録画はできる?
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA