「前でもよかったのかな…」吉田麻也、失意のコスタリカ戦を教訓に “最強スペイン越え”へ「まだ何も終わっていない」決意新た
【映像】吉田麻也が悔いた失点シーン »

■なぜ、前半の途中で4バックから3バックに変えたのか?

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループE】日本0-1コスタリカ(日本時間11月27日/アフメド ビン アリ スタジアム)

 ドイツ戦に逆転勝利した日本はコスタリカを相手に勝ってグループリーグ突破に大きく前進したかったが、一瞬の隙を突かれて敗戦を喫した。その後、行われたスペインvsドイツは1−1の引き分けに終わったため、グループEは全ての国が第3戦まで突破の可能性を残す大混戦となった。

【映像】吉田麻也が悔いた失点シーン

 ドイツ戦に続いて、キャプテンマークを巻いてのフル出場となったのがキャプテンの吉田麻也だ。前半はなかなかチームとして守備がはまらない中で粘り強く相手の攻撃を跳ね返した。ただ、コスタリカが左シャドーに起用されたキャンベル、左ウイングバックのオビエドが鋭く仕掛けてくる流れで、センターバックの相棒を担う板倉滉が、右サイドのカバーに流れる状況で、吉田が中央に1人で残って対応する状況が多くなっていた。

 攻撃面でもコスタリカの5バックをなかなか崩せなかったところで、35分ごろに森保一監督から3バックに変更する指示が出ると、4ー2ー3ー1からチェンジ。左の長友、右の板倉と3バックを組んで、中央を支えた。

 自の守備では5バックになるが、吉田は「山根(視来)を高い位置に取らせて。ちょっと単調になっていたので変化を加えることになりました」と語る。右サイドバックの山根が高い位置に上がることに加えて、同サイドの堂安律が中で勝負できる状況を作る効果を期待したものだろう。

 ハーフタイムに吉田は「焦らずつなぐということと、もう一個はもう一回泥臭くやらないといけないと」と話したという。

「前でもよかったのかな…」吉田麻也、失意のコスタリカ戦を教訓に “最強スペイン越え”へ「まだ何も終わっていない」決意新た

■「前でもよかったのかな…」吉田が悔やむ一瞬の判断

 森保監督は後半のスタートから長友に代えて、DF伊藤洋輝とFW浅野拓磨を同時に投入した。さらに途中から三笘薫伊東純也を投入して攻撃の推進力を高めていく中で、吉田は最終ラインのリスク管理をしながら支える。

 だが、0−0で迎えた後半35分、日本のゴール前で吉田が前方にいたボランチの守田英正に繋ごうとしたものの、コスタリカに拾われると、最後はDFのフレールにミドルシュートを決められてしまう。

「(守田につなごうとしたボールが)高すぎたし、時間的にも前でも良かったのかなと思います」

 終盤の時間帯だっただけに、はっきりしたプレー選択をするべきだったかもしれない。ただ、失点シーンではDFやGKに目が行きがちだが、実際に前からのプレッシャーがルーズになっていたのも事実だ。

 コスタリカは絶対に勝ち点3を取らないといけない状況だった。ドイツ戦で勝ち点3をとった日本は勝ちに行きながらも、終盤で0−0のままなら勝ち点1を優先するプランも持っていたという。

 アタッカー陣としては点を取りに行きたいし、後ろの選手たちはコントロールの意識を強くするという難しい時間帯での失点だった。

 失点直後にがっくりした姿が印象的だったという報道陣の言葉に対して「失点したらいつもガクッと来ますよ」と返した吉田だが、すぐに5枚目の南野拓実を投入して攻撃に行くチームを鼓舞したのもまた吉田だった。

 後半43分には左の三笘がペナルティエリアまで侵入して、混戦になったところから浅野がシュートを放つなど、惜しいシーンはあったものの、最後までゴールを割ることはできなかった。

■「まだ何も終わっていない」スペイン戦に向けた決意

 ドイツ戦から中3日で、フィールドの選手としては板倉晃、遠藤航、鎌田大地と共に2試合続けてフル出場を果たした。

「これがサッカーの難しさだなとやっぱり感じますね。一番起きてはいけない展開になってしまった」

 ここまでの試合でも、アルゼンチンに勝利したサウジアラビアが2戦目でポーランドに負けるなど、2つ続けて勝つことの難しさが結果に表れている。逆にイランがイングランド戦の2−6での敗戦から立ち直り、ウェールズから勝利を挙げた。今回のコスタリカもそうだ。

 初戦でドイツに勝利したことで、コスタリカ戦は必ず勝ち点3を取りに行く試合から、勝ち点1を確保しながら勝ち点3を取りに行く試合に変わった。それゆえにゲーム運びが難しくなったのは確かだろう。

 ただ、3試合目のスペイン戦もすぐに来る。反省は大事だが、コスタリカ戦とは全く違う試合展開が予想される中で、スペイン戦に向けたチームの一体感をつくっていくのは、キャプテン吉田の重要な役割でもある。

「いいリカバリーをして、いい分析をして、スペイン戦に向けて準備をすること。まだ何も終わっていないですし、ドイツ戦のあとも話しましたけど、何もつかみ取っていないし何も失っていない。変わらずチームとして勝ち点を取りに行かないといけない」

 ショッキングな敗戦の後でも記者陣に正面から向き合って対応した吉田の言葉はくよくよしている時間がないことを物語っていた。

文/河治良幸
写真/Getty Images

【映像】吉田麻也が悔いた失点シーン
【映像】吉田麻也が悔いた失点シーン
【ワールドカップ2022】決勝トーナメント進出の条件は?予選突破に必要な勝ち点などを解説 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【ワールドカップ2022】決勝トーナメント進出の条件は?予選突破に必要な勝ち点などを解説 | 完全ガイド | FIFA ワールドカップ 2022 完全ガイド by ABEMA
【ワールドカップ2022】決勝進出の条件は?予選突破に必要な勝ち点などを解説
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
「プレミアリーグ」 今後の中継予定/試合ハイライト/スーパープレイ
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA
日本 vs スペイン|グループE|FIFA ワールドカップ 2022 | 新しい未来のテレビ | ABEMA