変化に敗れた力士が土俵で脚を引きずり館内騒然「明生は面食らった感じ」アクシデントに元関脇・若の里の西岩親方「好調なだけに残念」
【映像】明生の予期せぬアクシデントに館内は騒然

大相撲五月場所>◇十二日目◇25日◇東京・両国国技館

 前頭六枚目・明生(立浪)が前頭筆頭・阿炎(錣山)に立ち合い変化後の押し倒しで敗れた一番で、明生がしばらく動けなくなる場面があった。脚を引きずる姿に、ファンからは「大丈夫かな…」「明生は面食らった感じがある」と心配の声が寄せられた。

【映像】明生の予期せぬアクシデントに館内は騒然

 初日から7連勝、九日目には横綱・照ノ富士(伊勢ヶ濱)を下して金星を獲得するなど、好調ぶりを発揮してきた明生。十二日目、土俵に明生が登場すると客席から多数の声援が飛び交っていた。だがこの日の取組では、立ち合い阿炎が左に変化。明生は勢い余って土俵際へと突っ込み、そのまま阿炎に押し倒しを決められて4敗目の黒星を喫した。勝った阿炎は6勝目。

 取組直後、敗れた明生は脚を痛めたようで、しばらく立ち上がることができずにいた。ようやく起き上がると脚を引きずるように歩き、ゆっくりと土俵を降りていった。

 痛々しい明生の姿に、ABEMAで解説を務めた元関脇・若の里の西岩親方は「(立ち合い変化を)予想していないぶん、膝を痛めてしまったのかもしれない」と指摘。「好調なだけに残念ですね」と語った。

 さらに、同じくABEMAで実況を務めた清野茂樹アナウンサーが「明生の膝がちょっと心配ですね」と口にすると、西岩親方は「膝は私もなんども怪我をしていますけど、一晩寝て次の日になると痛みが出てくることがあるんですよ」と時間差で痛みが出てくる場合もあると説明した。

 これを受けて清野アナが「(西岩親方は)現役時代はなんども手術を経験されていますもんね」と続けると、西岩親方は「いやいや、たったの9回なんですけど」とユーモアを交えて切り返し、清野アナから「十分だと思いますが(笑)」と突っ込まれていた。

 明生が脚を引きずる場面に、ABEMAの視聴者からも「左足痛めた?」「大丈夫かな…」「明生は面食らった感じがある」「心配だよ」といったコメントが相次いで寄せられた。
(ABEMA/大相撲チャンネル)

【映像】明生の予期せぬアクシデントに館内は騒然
【映像】明生の予期せぬアクシデントに館内は騒然
【映像】明生の予期せぬアクシデントに館内は騒然
大相撲場所配信情報 日程や幕内取組動画も