(C) MBC, iMBC, All Rights Reserved.

 2008年に日本で放送されたドラマコーヒープリンス1号店。日本で年齢層の若い韓国ドラマファンを獲得するきっかけとなったドラマの1つではないでしょうか。このドラマは、筆者も大好きなドラマの1つで、何度も鑑賞しています。

 最近では中国版『コーヒープリンス1号店』も放送され、韓国版の主演を務めた女優ユン・ウネが友情出演し、話題になりました。

主人公はユン・ウネ演じる頑張り屋の女の子、ウンチャン

(C) MBC, iMBC, All Rights Reserved.

 ウンチャン(ユン・ウネ)は、バイトを掛け持ちして一家の家計を支える頑張り屋。出前の配達に行った銭湯の女湯でも、男性配達員と間違われるほどの風貌で、勝負事にも強く、しっかりした性格で一家を支える女の子です。

 出前の配達へ行くと、そこに御曹司のハンギョル(コン・ユ)がタオル1枚という姿で現れます。彼にも男だと思われてしまうウンチャン。乗り気ではないお見合いを壊すため、ハンギョルはウンチャンにゲイの恋人役のふりをするよう依頼します。

(C) MBC, iMBC, All Rights Reserved.

 そのあともウンチャンには災難が降りかかり、金銭的に追い詰められていくことに。ふとしたきっかけで、ハンギョルが経営・オープンすることになったカフェのスタッフとして働くことになります。

 『コーヒープリンス1号店』は店名通り“プリンス(イケメン男性)”しか働けないカフェが舞台。男だと偽って働き始め、それを疑わないハンギョル。カフェにいるのはハンギョルをはじめ、個性的なイケメンたち……ここからストーリーが始まっていきます。

個性的なイケメンたちと『コーヒープリンス1号店』をオープン!

 ウンチャンのことを女の子だと知っている、またウンチャンの憧れの男性であるハンソン(イ・ソンギュン)はハンギョルのいとこ。ハンソンと寄りを戻したい元カノ・ユジュ。ハンギョルとは友情で結ばれているユジュですが、ハンギョルはユジュが好き。ウンチャンはそんなハンギョルのことが気になっていき……。面白くテンポよくどんどん運命の糸は絡み合っていきます。

(C) MBC, iMBC, All Rights Reserved.

 この物語で見どころなのは、男を好きになってしまったと悩み、受け入れようとするハンギョルの姿。一家の大黒柱として働き先を失うわけにはいかず、自分が女であることを言い出せないウンチャン……。

ウンチャンとハンギョル、ハンソンとユジュの恋物語

(C) MBC, iMBC, All Rights Reserved.

 ドラマで軸となるのは、ウンチャンとハンギョル、ハンソンとユジュという2組の恋物語。ハンソンとユジュは、一度別れた2人が再び寄り添い合う大人のストーリー、周りも巻き込むウンチャンとハンギョルのストーリーは見ていて楽しくなるコミカルなシーンが多いです。特に、ウンチャンを男と信じて疑わないハンギョルが、どんどんウンチャンに惹かれていってしまう姿は、ラブコメディとして楽しめる内容がぎっしり。

 一見ボーイズラブ風にも見える、がっちりした男らしいハンギョルと小柄のかわいいウンチャンとのやり取りは、観ている側もキュンとしたり、ドキドキしたり。ハンギョルがウンチャンに惹かれていき、「これ以上はムリだ」と自分に言い聞かせるシーンは、胸が締め付けられるように切なく、ウンチャンの涙には心打たれます。

(C) MBC, iMBC, All Rights Reserved.

 後半、覚悟を決めたハンギョルがウンチャンに接する態度は男らしく、その覚悟がどれだけものだったのか、ウンチャンが女だと分かった後のハンギョルの涙や怒りシーンも必見です。

実力派俳優ぞろい、ミニョプ役のイ・オンの急死にファンも悲しみ

 豪華な出演者たちにも注目です。2007年に韓国でドラマ『コーヒープリンス1号店』が放送され、今年で10年経ちますが、主演の2人、ユン・ウネとコン・ユは今もドラマや映画界を引っ張っていく実力派。その他、今では数々の主演を務め、独特の声が魅力のイ・ソンギュンや、ネイティブ並みの日本語を話すキム・ジェウクも、このドラマを観てファンになった人も多いはず。キム・ジェウクは2018年春に日韓同時公開される映画『蝶の眠り』では中山美穂さんと共演するなど、今後の活躍も見逃せません。

 さらに高校中退のワルという設定ながらも、義理堅く憎めないミニョプ役を演じた、イ・オンは一躍人気俳優に。しかし、イ・オンは、このドラマが人気を集めているときに交通事故で亡くなられ、ファンの間でも悲しみが襲いました。彼がもし今も元気だったなら、ほかの出演者同様、間違いなく活躍されていただろうと思うと残念です。

 実際にドラマの撮影で使われたカフェ“オーチャード・ママ”は、撮影を終えてからはドラマのままの内装で“コーヒープリンス1号店”としてオープン。今でもソウル・弘大(ホンデ)にあり、ドラマファンが訪れる場所となっています。ドラマの世界そのままに、いまにもウンチャンやハンギョルが現れそうな店内でカフェを楽しむことができます。ドラマを見て「こんなカフェがあったら通い詰めたい……」なんて思った人は、ぜひ現地へ足を運ばれてみては?

▶︎AbemaTVの韓流・華流ドラマチャンネルで『コーヒープリンス1号店』をチェック!
(※放送時刻になったら通知でお知らせ! AbemaTVアプリ内「通知を受け取る」がオススメです)


 AbemaTV(アベマTV)では、韓国や中国語文化圏の人気ドラマや映画を楽しめる専門チャンネル『韓流・華流ドラマチャンネル』を24時間無料で放送中。
▶︎【一部無料】Abemaビデオで好きな時にいつでも『韓流・華流ドラマチャンネル』人気作品を鑑賞!

AbemaTV 韓流・華流ドラマチャンネル公式ページ
https://asiadrama-ch.abema.tv/

『コーヒープリンス1号店』全話あらすじを読む

AbemaTV「韓流・華流チャンネル」公式サイト
AbemaTV「韓流・華流チャンネル」公式サイト
韓国や中国語文化圏の人気ドラマや映画を楽しめる、AbemaTV内の専門チャンネル「韓流・華流ドラマ、K-WORLDチャンネル」公式サイト。
AbemaTV「韓流・華流チャンネル」公式サイト
韓流・華流チャンネル | AbemaTV(アベマTV)
韓流・華流チャンネル | AbemaTV(アベマTV)
AbemaTVの韓流・華流チャンネルで現在放送中の番組が視聴できます。
AbemaTV
見逃した韓流・華流の番組が見放題 - Abemaビデオ | AbemaTV(アベマTV)
見逃した韓流・華流の番組が見放題 - Abemaビデオ | AbemaTV(アベマTV)
見逃した韓流・華流の番組や、、「主君の太陽」、「お昼12時のシンデレラ」、「三食ごはん」、「天国の階段」、その他多くの人気作品を好きな時に何度でもお楽しみいただけます。今なら1ヶ月無料体験を実施しています。
AbemaTV