歌舞伎役者の片岡愛之助が、27日のアメブロにて19歳の頃の写真を公開した。1月2日から26日まで劇場歌舞伎座にて上演されていた「壽 初春大歌舞伎2018」にて、昼の部夜の部ともに一演目二役を務め上げた片岡。夜の部では更に、『勧進帳』という演目にも出演し、四天王の駿河次郎役を演じた。

片岡愛之助オフィシャルブログ

 片岡は、養父である片岡秀太郎の父、十三世片岡仁左衛門の部屋子として歌舞伎界に入り、9歳のとき、初代千代丸という名のもと京都の顔見世興行で披露された。19歳のときに十三世から「愛之助」を継ぐよう言われ、当時大阪の中座で上演だった『勧進帳』で六代目片岡愛之助を襲名し、駿河次郎役を演じた。

 そのような経緯もあり片岡は、「僕にとっては、愛之助の名になったとても思い入れ深い お役です そこで、愛之助を襲名させていただいた時のお役、駿河次郎の、写真を」と19歳の頃の写真を載せ、現在45歳の写真と比較して、「若いなぁ」とコメントした。

 また、夜の部『角力場』で演じた与五郎と放駒長吉の二役は、亡き13世が度々演じた二役でもあり、とても感慨深かったとのことであった。

片岡愛之助『19歳の自分!』
壽 初春大歌舞伎、無事に千穐楽を迎えることができました今回は、高麗屋さんの襲名興行でしたが、おめでたいとても素晴らしい披露の場に出させていただき、光栄なことで…
六代目片岡愛之助オフィシャルブログ 「つれづれ愛之助日記」
藤原紀香、約200人のお茶会に飛び入り参加 夫・愛之助からのメッセージ伝える
 女優の藤原紀香が25日にアメブロを更新。約200人のお茶会に飛び入り参加したことを報告した。
Abema TIMES
片岡愛之助 ファンクラブ限定の貴重なマル秘チェキをチラ見せ「直にお会いしてお話し出来る事 楽しみにしてまぁす」
 歌舞伎役者の片岡愛之助がアメブロでファンクラブのイベントで配った、貴重なチェキを一部公開している。
Abema TIMES
AbemaSPECIALチャンネル | AbemaTV(アベマTV)
AbemaTVのAbemaSPECIALチャンネルで現在放送中の番組が視聴できます。
AbemaTV