5月14日、明治大学 駿河台キャンパスにて文学部文学科文芸メディア専攻・伊藤氏貴准教授の特別授業が行われ、映画『友罪』より俳優の生田斗真、瑛太、瀬々敬久監督がサプライズゲストとして登壇した。

 『友罪』の原作は薬丸岳氏のベストセラー小説。元ジャーナリストの益田(生田斗真)と、他人との交流を避ける無口な男・鈴木(瑛太)は町工場で出会い、同じ寮で暮らし始める。仲を深めていく2人だが、ある事件をきっかけに益田は鈴木が連続児童殺害事件の犯人“少年A”ではないかと疑い始め……といったストーリーだ。

 授業では、学生からゲストへの質問のコーナーが用意され「他人を傷つけた経験」や「今の職業(俳優・映画監督)に就いたきっかけ」などについて3人が赤裸々に回答し、最後はゲストから生徒へ逆質問。瑛太が「生田斗真と瑛太、どちらが好きですか?」となんとも気まずい質問を投げかけると、生徒たちは爆笑。「だいたい答えは分かっているんですけど……」と自信なさげな瑛太だが、生田派、瑛太派、それぞれ手を挙げる展開になると、まさかの瑛太派の勝利。瑛太は「ごめん、斗真」とニヤリ。

 生田が「じゃあ、瑛太の好きなところを言ってもらいましょうよ!」と提案し回答を求めると、男子学生からは「瑛太さんの方がエロいと思うので」、女子学生からは「メンヘラっぽいところが好きです(笑)」との声が。これには伊藤準教授も「文学部なので、偏っているかもしれません」と苦笑するが、瑛太は「メンヘラです(笑)」とサービストークを披露していた。

写真:野原誠治

テキスト:堤茜子

瑛太、俳優を目指したきっかけは「バイトが続かず映画で現実逃避」
瑛太、俳優を目指したきっかけは「バイトが続かず映画で現実逃避」
 5月14日、明治大学 駿河台キャンパスにて文学部文学科文芸メディア専攻伊藤氏貴准教授の特別授業が行われ、映画『友罪』より俳優の生田斗真、瑛太、瀬々敬久監督がサプライズゲストとして登壇した。
AbemaTIMES
映画『友罪』公式サイト - 5月25日 全国ロードショー
映画『友罪』公式サイト - 5月25日 全国ロードショー
映画『友罪』公式サイト - 5月25日 全国ロードショー
映画『友罪』公式サイト