日本で初めて「プロコスプレイヤー」と呼ばれたえなこ、写真集の売り上げは「1日で1000万円以上」
番組をみる »

 今田耕司飯尾和樹、いとうあさこがMCを務める『いの一番』が、AbemaTV(アベマTV)のバラステ枠(毎週日曜よる放送中)で放送された。当番組はさまざまな職業や趣味を最初に始めた人・ブームの第一人者「いの一番」をゲストに招き、その成功の秘訣からプライベートまでを聞いていく。ゲストには、日本で初めて“プロ”コスプレイヤーと呼ばれたえなこが登場した。

 プロコスプレイヤーとは、コスプレを職業とし、コスプレの仕事で生計を立てている人のこと。日本で最初にプロコスプレイヤーと呼ばれたえなこは、コミケ(コミックマーケット)や撮影会などを活動の場としており、人気雑誌の週刊ヤングジャンプでグラビアを飾った経験もある。

 えなこによると「テレビや雑誌に出始めた2年ほど前からプロコスプレイヤーと呼ばれるようになった」という。名付け親は週刊ヤングジャンプの編集部の池永亘氏。池永氏によると「グラビアに載せたきっかけは、初めて会ったとき、ほぼ直感でこの子なら大丈夫だ、絶対に人気になると思った」という。“プロコスプレイヤー”と名付けた理由は「仕事への情熱や、コスプレに対する向き合い方が職人のようなプロだったから」と説明した。また、どんなメイク・髪色も似合うえなこは、コスプレイヤーとして稀な存在とも評した。

日本で初めて「プロコスプレイヤー」と呼ばれたえなこ、写真集の売り上げは「1日で1000万円以上」

 えなこの収入源の1つは、アニメ・ゲームの会社から依頼されるイベント出演だ。アニメやゲームのキャラクターのコスプレをして、商品をPRする。報酬は内容によってピンキリではあるものの、大体1ステージで30~40万円程度だという。

 写真集も出版しており、大きな収入になる。自費出版のため書店では購入できず、年に2回開催されるコミケなどで買うことができる。コミケは3日間で50万人以上の人が訪れる大きなイベントで、えなこは「今年の夏は1日で1000万円の売上げがあった」と語る。

日本で初めて「プロコスプレイヤー」と呼ばれたえなこ、写真集の売り上げは「1日で1000万円以上」

 写真集1冊の値段は1500円~2500円と明かすと、今田耕司は「(本の質感は)ノートですよ?」と驚いていたが、自費出版で多くは刷れないという事情からの価格設定だという。写真集は完全セルフプロデュースで、スタジオやカメラマンなどを自分で手配し、衣装やポーズもすべて自分で決めている。

 値段について今田は「そうか、ファンにとって全部セルフプロデュースで作ってるからこそ、価値があるんだ」と納得した様子。

 コスプレをする上でのコストも安くはない。衣装は3000円~5000円で制作できるものもあるが、数十万円以上かかるものもあるという。えなこは「自分で作るしかなくて、布をたくさん使った衣装だと数十万円とか……こだわればこだわるほどお金がたくさん必要なので」と苦労を語った。


『いの一番』コスプレ美女・えなこのグラビア(8分ごろ~)▶︎動画はこちら【期間限定・無料】

▼【バラステ】『いの一番』
【期間限定で無料視聴が可能】
(※スマートフォンアプリ、FireTVStick、ChromeCastから視聴可能です)

【バラステ】いの一番 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
【バラステ】いの一番 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
「【バラステ】いの一番」等、5000を超えるオリジナルバラエティやドラマを好きな時に何度でもお楽しみいただけます。