乃木坂46衛藤美彩が19日、東京・両国国技館にて『乃木坂46 衛藤美彩 卒業ソロコンサート』を開催した。

 2011年に乃木坂46の1期生として活動を始め、握手会を中心に地道に人気を獲得してきた衛藤は、2013年11月リリースの7枚目シングル『バレッタ』で初めての選抜入りを果たし、2015年10年に発売された13枚目シングル『今、話したい誰かがいる』では、初の10福神およびフロントメンバーに選出された。ファンからは「みさ先輩」「みさみさ」などの愛称で親しまれ、全15回の選抜メンバー、その内10回は福神メンバーとして活動を行うなど、グループの中心メンバーとして活躍した。

 衛藤の卒業ソロコンサートを見届けるべく、会場には満員8,000人のファンが集結。チケットの当選倍率は10倍に達した。衛藤をフィーチャーしたVTRがオープニングで流れた後、ライブは『狼に口笛を』からスタート。イントロではギターの調べに乗せて、美しい歌声を場内に響かせていた。続けて衛藤は『おいでシャンプー』『自惚れビーチ』といったアップテンポなナンバーを連投して、会場の温度を高めていく。最初のMCで衛藤は「みなさん、ソロコンサート始まりました! 乃木坂46です。衛藤美彩です。すごい、真っ赤なサイリウムが。ありがとうございます。今日は最高の思い出作りにきたもんね?」とオーディエンスとのコミュニケーションを図る。それから彼女は「今日は時間が許す限りたくさんの曲を歌っていきたい」と客席に向かって笑顔を見せた。

 続いてのブロックでは『せっかちなかたつむり』『シークレットグラフィティー』『思い出ファースト』が連続で披露された。パフォーマンス後のMCで衛藤は「今聴いていただいた3曲はみなさんご存知の通り乃木坂の人気のユニット曲なんですけど、どうでしたか? 1人でやるのは本当に新鮮だったんですけど。『せっかちな』は1期生の鉄板曲で、『シーグラ』はひなちま(樋口日奈の愛称)のセンター曲で、2期生も多く参加する大好きな曲で。『思い出ファースト』は個人的に大好きな曲で、いつかライブでやりたいと思ってた」と話す。しかし『思い出ファースト』をパフォーマンス中、一部歌詞を間違えしまったことを受け、衛藤は「歌詞間違えちゃった。ごめん、3期生のみんなごめんよ。(秋元)真夏とか(桜井)玲香とかとカラオケ行ったときは完璧だったんだけどな」と笑顔で謝罪していた。

 そんなMCののち、パフォーマンスされたのは人気曲『無口なライオン』、そして衛藤自身がユニットメンバーとして参加した『立ち直り中』。透明感のある歌声で客席を酔わせた後、衛藤は黒のセクシーな衣装に着替えて『意外BREAK』をクールに披露。それから彼女は6人のダンサーを従えて、『女は一人じゃ眠れない』『欲望のリインカーネーション』といったナンバーを熱く届けた。

 乃木坂46での衛藤のこれまでの歩みをまとめた映像が流された後、彼女は赤のドレスにお色直ししてステージに再登場。それから彼女はアコースティックギターの伴奏のみで『ひと夏の長さより』を、ピアノの音色に乗せて『今、話したい誰かがいる』を優しく歌い上げた。続けて、しっとりとしたバンドアレンジが施された『シンクロニシティ』『サヨナラの意味』が歌われると、会場はなんともロマンティックな空間に。衛藤は切なげな表情を浮かべながら歌い終えると、「今のブロックを歌ってようやく乃木坂を卒業するんだなって実感が沸いてきて」と心境を告白していた。

 衛藤は「卒業を考え出したのは去年、25歳になったあたりなんですけど、さまざまな巡り合わせで今日、両国国技館という神聖な場所で(卒業コンサートを)やらせていただけて」「ソロコンサートをするというのは、大きくは掲げてはいなかったですけど自分の中の目標というか夢の1つで。今日この場所でソロコンサートをやれてるというのは、スタッフのみなさんに感謝しかありません。ありがとうございます」と改めて感謝を伝える。それから衛藤は「アンダーだった頃、”私こんなに辛かったんです””こんなに悔しい思いをしてきたんです”っていうのはあんまり好きじゃないんですけど、ちゃんとお話ししなくちゃなって。やっぱり(アンダーの)あの期間は自分にとって苦しくて、まさかあの時の自分が、こうやって今、卒業ソロコンサートをやれるなんて思ってなかったし、本気で何度も辞めようと思ったんですけど、ファンのみなさんが握手会でたくさん支えてくれたから今の私があると思っています」と涙で言葉を詰まらせながら語る。その後、彼女はアンダーメンバーの心情を描いた『アンダー』を心を込めて歌唱した。そして最後に「18歳で大分から上京してきて、そんな私を今日まで応援してくださって本当にありがとうございました。みなさんがいなかったら本当にここまでくることはできなかった」とファンに感謝の気持ちを伝えてから『私のために誰かのために』をしっとりと届け、ステージを後にした。

 アンコールの声援を受けて衛藤は、これまでと打って変わってTシャツにジーンズというラフな出で立ちで再びステージに登場した。すると彼女は「アンコールなんですけど、スペシャルゲストが」と切り出し、生田絵梨花と桜井の2人をステージへと呼び込む。ユニット曲『雲になればいい』が披露されると、オーディエンスは3人の美しい歌声を聴きながら、心地好さそうに体を揺らしていた。続けて披露された『悲しみの忘れ方』では乃木坂46のメンバーが、1期生、2期生、3期生と順々にサプライズで舞台に登場。曲が終わると衛藤は「みんなありがとう。えー、どうしよう。なんか、こうやってみんなの顔見ると、一緒にここまでやってきたんだなっていうのをより実感した」と涙を浮かべながら感謝の気持ちを伝えていた。『乃木坂の詩』が披露された後は、それぞれとハグを交わすなどでステージを去るメンバーを見送る。最後に熱い抱擁を交わした、秋元には衛藤自らが「ズッキュンして、ズッキュン」と”必殺技”をリクエストして会場を沸かせていた。そしてアンコールの最後には、秋元康が書き下ろしたという衛藤初のソロ曲『もし君がいなければ』が披露された。曲を歌い終えると、彼女は「みなさんアンコールも含め、今日は1日私のためにここに来てくださって、これまで私を応援してくださって本当にありがとうございました」と集まったファンに感謝を伝えステージを後にした。なお、『もし君がいなければ』は、4月17日リリースの乃木坂46の4枚目オリジナルアルバム『今が思い出になるまで』に収録される。

 アンコールは終了となったが、観客は衛藤を求め続け、ダブルアンコールへ。披露された『ロマンスのスタート』では「乃木坂」「最高!」「みさちゃん」「最高!」とファンとのコールアンドレスポンスで場内の一体感を生み出し、ラストまで一気に駆け抜けた。最後に衛藤は「みなさんダブルアンコールありがとうございます! うれしい! 急いで口紅塗りました(笑)」と弾ける笑顔を見せてから、「この先、卒業して何が正しいのかはわからないですけど、自分が正しいと思った道に私は進んでいくので」「これからも私は活動を続けていくので私の応援と、私の愛した乃木坂46をみなさんこれからも愛してくれると本当に幸せです。私も愛し続けます!」と客席に呼びかけて、卒業コンサートを終えた。

 衛藤は今月31日に大阪・インテックス大阪にて行われる全国握手会を最後に乃木坂46を卒業する。

■衛藤美彩(乃木坂46)『乃木坂46 衛藤美彩 卒業ソロコンサート』セットリスト

M00 Overture

M01 狼に口笛を

M02 おいでシャンプー

M03 自惚れビーチ

M04 せっかちなかたつむり

M05 シークレットグラフィティー

M06 思い出ファースト

M07 無口なライオン

M08 立ち直り中

M09 意外BREAK

M10 女は一人じゃ眠れない

M11 欲望のリインカーネーション

M12 ひと夏の長さより

M13 今、話したい誰かがいる

M14 シンクロニシティ

M15 サヨナラの意味

M16 アンダー

M17 私のために誰かのために

EN01 雲になればいい(生田絵梨花、桜井玲香が参加)

EN02 悲しみの忘れ方(乃木坂46)

EN03 乃木坂の詩(乃木坂46)

EN04 もし君がいなければ

WEN01 ロマンスのスタート

【bpm特別版】『あの頃、君を追いかけた』山田裕貴×齋藤飛鳥×松本穂香 SP対談 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
【bpm特別版】『あの頃、君を追いかけた』山田裕貴×齋藤飛鳥×松本穂香 SP対談 | 動画視聴は【Abemaビデオ(AbemaTV)】
『チャンスの時間』など、超人気芸人やアイドルのオリジナルバラエティやドラマなど5,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみ頂けます。
乃木坂・衛藤美彩が写真集をリリース「疲れたときに触りたいお尻」
乃木坂・衛藤美彩が写真集をリリース「疲れたときに触りたいお尻」
 25日、乃木坂46の衛藤美彩の写真集『衛藤美彩写真集 話を聞こうか。』(講談社刊)が発売され、都内でお渡し会が開催された。 落ち着いた年上キャラとして「みさ先輩」の愛称で親しまれている衛藤。タイトル
AbemaTIMES
乃木坂46・衛藤美彩、クイズイベントで”白石麻衣の誕生日会秘話”明かす
乃木坂46・衛藤美彩、クイズイベントで”白石麻衣の誕生日会秘話”明かす
昨日8月29日、都内某所にて「なぜ彼女が帳簿の右に売上と書いたら世界が変わったのか?」(株式会社PHP研究所)の電子書籍化を記念したイベント「乃木坂46・みさ先生と公認会計士・澤先生と一緒に『AI×会
AbemaTIMES
乃木坂46絶対的エース西野七瀬!“儚い”感動のフィナーレ!
乃木坂46絶対的エース西野七瀬!“儚い”感動のフィナーレ!
 4日間で計20万人を動員を動員した「乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE」の最終日となった24日、西野七瀬の卒業コンサートが開催された。 2011年8月21日のグループ結成から“
AbemaTIMES
乃木坂46、真夏の全国ツアー2019の開催を発表!「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY3
乃木坂46、真夏の全国ツアー2019の開催を発表!「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY3
 23日、乃木坂46のメジャーデビュー日(2012年2月22日)を記念した「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」DAY3が京セラドーム大阪にて開催され、DAY1・DAY2に続き、5万人のオー
AbemaTIMES
西野七瀬がサプライズ登場し『光合成希望』を披露/乃木坂46「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が遂に開幕!
西野七瀬がサプライズ登場し『光合成希望』を披露/乃木坂46「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が遂に開幕!
 21日、乃木坂46のメジャーデビュー日(2012年2月22日)を記念した「7th YEAR BIRTHDAY LIVE」が、京セラドーム大阪にて遂に開幕した。 当公演は24日まで開催され各日5万人を
AbemaTIMES
「変わり続けるのも乃木坂の美しさ」生駒里奈の卒業コンサートが示したアイドルと"変化"
「変わり続けるのも乃木坂の美しさ」生駒里奈の卒業コンサートが示したアイドルと"変化"
 「人は色々成長して次に向かう生き物ですけど、ここに居続けながら変わり続けるのも乃木坂の美しさで。未来の後輩にも、この乃木坂46を大切にしてほしいし、新しい乃木坂46にしてほしい」。 22日に東京・日
AbemaTIMES
乃木坂46生駒里奈が卒業コンサート「みんなに出会えて本当によかった」
乃木坂46生駒里奈が卒業コンサート「みんなに出会えて本当によかった」
昨日4月22日に東京・日本武道館にて、乃木坂46の生駒里奈の卒業公演「乃木坂46 生駒里奈 卒業コンサート」が開催された。今年1月にグループを卒業することを発表し、ファンを驚かせた生駒。乃木坂46の一
AbemaTIMES
「私が選んだその先に正解があると信じています」 乃木坂46・橋本奈々未が芸能活動に終止符
「私が選んだその先に正解があると信じています」 乃木坂46・橋本奈々未が芸能活動に終止符
 20日、さいたまスーパーアリーナで乃木坂46の3days公演『5th YEAR BIRTHDAY LIVE』がスタートした。初日は24歳の誕生日を迎えるとともに、本公演を最後に芸能界からも引退する橋
AbemaTIMES