カンニング竹山、一夜限りの番組名変更に嘆き「あんまりよくなかったな(笑)」
番組をみる »

 13日深夜、『エキストラの帝王ますいたかみちの土曜The NIGHT(※)』(AbemaTV)が放送され、カンニング竹山が番組タイトルの変更を嘆く場面があった。

 竹山の私物である携帯電話の番号を公開し、視聴者と生電話をする恒例のコーナーで、この日は「竹山の私物電話に生電話SP!」と題し、多数の視聴者と電話をして交流を深めることに。

 すると、真っ先に電話がかかってきたのは、今回のネーミングライツ権を獲得し番組名を飾ったますい本人で「本当に感謝しております。もう一生こういうことがないと思いまして、今日は身内の人、友達、エキストラ関係者、役者の人、監督さん、いろんな方に宣伝をさせてもらってます」と熱い思いを吐露。

 さらに、ますいが番組企画を考えたと「番組内で短編映画を作り映画祭に応募するのはどうか?」と提案すると、竹山は「ごめん、そんな時間はないわ」と一蹴。「3時までお前の番組が続いてるから、楽しく見ててね!」と告げ、その後ますいの言葉が終わらないうちに電話を切ってしまった。

カンニング竹山、一夜限りの番組名変更に嘆き「あんまりよくなかったな(笑)」

 竹山は、空気を読めないますいの言動に対して、番組への“出禁”を告げるなど厳しく当たってきた過去もあり、今回も「なんで電話してきちゃうかなあ」とボヤく。その後、番組のエンディングでも「今日、名前がやっぱり『エキストラの帝王ますいたかみちの土曜The NIGHT』になったから、あんまりよくなかったな(笑)」と、嘆いていた。

(※)6月に実施された「ネーミングライツ企画」の結果を反映し、同放送回のみ『カンニング竹山の土曜The NIGHT』から名前を変更

【映像】竹山、ますいの電話を途中で切る“ますい切り”

竹山 ますいの電話を途中で切る
竹山 ますいの電話を途中で切る
『しくじり先生』など、超人気芸人やアイドルのオリジナルバラエティやドラマなど5,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみ頂けます。
~生電話回総集編SP~
~生電話回総集編SP~
『しくじり先生』など、超人気芸人やアイドルのオリジナルバラエティやドラマなど5,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみ頂けます。
平成懺悔生電話SP
平成懺悔生電話SP
『しくじり先生』など、超人気芸人やアイドルのオリジナルバラエティやドラマなど5,000を超える番組を好きな時に何度でもお楽しみ頂けます。