「素の状態で恋愛したい…」モテすぎるフェミニン男子、大号泣の理由は?
番組をみる »

 新番組の恋愛リアリティショー『ときめきトラベル』の第6話が配信された。

 MCはオオカミ少年・片岡正徳、恋愛見届人として相席スタートの山崎ケイ、タレントの柴田あやなが出演。今回はゲストとして歌手で俳優の森崎ウィンが登場した。

 当番組では、男女7人が与えられた予算の中で旅を進め、数々のミッションをこなしながらタイを横断。バンコクから、760km先のゴールである“神秘の洞窟”を目指していく。

「素の状態で恋愛したい…」モテすぎるフェミニン男子、大号泣の理由は?

 旅3日目、目的地へ向かうバスの中で、芸人のゆうととフェミニン男子のすぐるは、鼻毛を抜き合ってじゃれていた。

 前日の夜「メンバーの中で誰よりもゆうとがいい」と、人として惹かれていることを明かしていたすぐる。スタジオメンバーたちはすぐるとゆうとの関係が気になる様子で、食い入るように見ていた。

夢を語り合うメンバーたち「お世話になった人に恩返ししたい」「命があればなんでもできる」

「素の状態で恋愛したい…」モテすぎるフェミニン男子、大号泣の理由は?

 長距離移動のバスの中では、メンバーたちがそれぞれの夢を語り合うことに。

 まいぴょんは「最終的にはお金持ちになりたい」といい、その理由は「仕事でちゃんと1人で生活できるようになりたい」「お世話になっている人たちに、ごはんをご馳走したり、恩返しがしたい」と明かした。

 看護師のまいころは「やりたいことを全部やる」ことが目標だという。働いている施設が終末期患者が多い病院のため、「命があれば何でもできる」と感じ、翌日の予定や目標をすべて決めてから動いているという。

「素の状態で恋愛したい…」モテすぎるフェミニン男子、大号泣の理由は?

 また、まいころは3回交通事故に遭い、いずれも救急車で運ばれているが、仕事柄「死んでないから大丈夫だな」とポジティブに考えている。

 するとここで、すぐるが大号泣。メンバーたちが驚いていると「僕も自分の夢があって、それを考えるとちょっと……」「みんなの話を聞いたら、込み上げてくるものがあって」と、夢を語り合う時間に胸が熱くなった様子。

「素の状態で恋愛したい…」モテすぎるフェミニン男子、大号泣の理由は?

 あまりの泣きっぷりに、女性ももらい泣き。泣きすぎて話せなくなっているすぐるを見て、正太郎も「かわいいな~!」と励ます。

 後ほどスタッフがすぐるに話を聞くと「感情移入しすぎてポロッとしちゃったんですけど、それくらい僕はこの旅が楽しい」と熱い思いを告白。「カメラが入っているからとか、いろいろ考える方もいるかもしれないけど、そうじゃなくて……」と話していると、スタッフの前でもまた号泣し始める。

「素の状態で恋愛したい…」モテすぎるフェミニン男子、大号泣の理由は?

 「日本じゃ絶対経験できないことをさせてもらえて」「だからこそ本気でみんなとぶつかったり……素の状態で恋愛したい」と本気で恋愛の旅をする姿勢を見せたすぐる。

 男女問わずモテてきた“フェミニン男子”のすぐるだが、今すぐるには悩みがあるという。男性に性的欲求はないが、女性メンバーよりも男性メンバーといる方が楽しめているため、「もしかして自分ってそっち?」と思うときもあるという。「自分の中でも複雑な気持ち」とスタッフに打ち明けていた。

 スタジオメンバーらは、すぐるの告白に「すごいもの見てますねこれは」「本当に人間観察バラエティですよね」と衝撃を受けた様子。森崎は「すぐるくんの人生の大きい1ページをこの番組で見れるっていうのが……推しができました!」と、すぐるを全面的に応援していた。

※山崎ケイ(崎は正式には「たつさき」の字)

【期間限定・無料】密室の腕枕に「そっち?!」スタジオ困惑の理由は…? ▶︎動画はこちら(3分ごろ~)

▶︎イケメン大号泣の理由は?
▶︎イケメン大号泣の理由は?
「人間観察恋愛バラエティ ときめきトラベル」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。

【過去放送】「それ精力剤じゃん!」美人アシスタント、飲み物と間違えて両親に…山崎ケイも絶賛の下ネタトーク▶︎動画はこちら(22分ごろ~)

▶︎恋愛本気モード!
▶︎恋愛本気モード!
「人間観察恋愛バラエティ ときめきトラベル」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
▶︎ディーン・フジオカ似イケメン
▶︎ディーン・フジオカ似イケメン
「人間観察恋愛バラエティ ときめきトラベル」等、青春胸キュンな恋からオトナな恋まで楽しめる恋愛リアリティーショーが好きな時に何度でも見れる。
【無料あり】全話観る
【無料あり】全話観る
「人間観察恋愛バラエティ ときめきトラベル」等、女子高生の3人に1人が見ている恋愛リアリティーショーを好きな時に何度でも楽しめます。