2015年、テレビドラマから端を発した『HiGH&LOW』は男たちの激しいバトルアクション、根底に流れる熱い友情、絆が人気に火をつけ、劇場映画、ライブ、アニメ、ゲーム、コミックとシリーズの裾野を広げた。本年10月4日に公開される『HiGH&LOW THE WORST』は、髙橋ヒロシによる不良漫画の金字塔『クローズ』『WORST』とのクロスオーバーが実現した1本。

 物語の構成において、『HiGH&LOW』シリーズからは、「SWORDS.W.O.R.D.地区」の「O」をつかさどる、全国から札付きの不良が集まる漆黒の凶悪高校・鬼邪高校が、『クローズ』『WORST』シリーズからは、幹部以外が全員スキンヘッドの最強軍団・鳳仙学園が登場する。互いの仲間が襲撃されるという事件をきっかけに、前代未聞の激しい決戦が幕を開けるのだ。

 Abema TIMESでは、本作に出演している3組にスポットを当て、インタビューを実施。第一弾では、鬼邪高校にて天下を取る野望を持つ花岡士雄をパワフルに演じた川村壱馬、そして、花岡の相棒として腕を鳴らす高城司をクールにやってみせた吉野北人のふたりに登場してもらった。普段は同じTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEというグループでボーカリストとして輝きを放つ彼らの、本作に懸けた熱量に圧倒される。

『HiGH&LOW THE WORST』の出演は「うれしすぎて、爆発しそうだった」

――出演が決まったとき、最初はどう思いましたか?

川村: 『HiGH&LOW』自体、プロジェクト発足前からずっと「関わりたい」とEXILE HIROさんに言い続けていた作品でした。『クローズ』『WORST』については、元々原作の大ファンだったんです。映画も当時からもちろん観ていて、親や友達にも「将来絶対に出るから!」と根拠なく話していたくらい(笑)。僕にとっては夢と夢のコラボのような作品だったので、「うれしい」どころじゃなかったです。うれしすぎて、爆発しそうでした。

吉野: 男なら誰しもが憧れる作品だと思うので、お話がきたときはうれしい気持ちと、熱くなる気持ち、「自分が出られるのか」という不思議な気持ち…いろいろな気持ちでいっぱいになりました。

――台本を読んで、魅力に感じたところは特にどこでしたか?

川村: 自分が演じる花岡楓士雄目線で読んでいると、やっぱりキャラクターの魅力が大きいかなと思いました。髙橋ヒロシ先生が作ってくださったキャラクターは、ヒロシ先生ワールドが全開なんですよね!喧嘩に強かったりして男くささを感じますし、友情にもめちゃくちゃ熱いという。戦うところもありながら、無理やり作ったわけではない感動できるシーンも入っていたりして…、そのすべてがつながっているから、ヒロシ先生は天才だと思いました。

吉野: 戦うシーンが多いんですけど、ただ戦っているというのではなく、何かのために戦っているんです。お互いに懸ける思いや、それぞれのキャラクターのストーリーがあるので、戦ったときにより熱くなるというか。その後に、またチームとの絆がどんどんつながっていくストーリーなので、そこがすごく魅力だなと思いました。

――演じたご自身のキャラクターの魅力を挙げるなら何でしょう?

川村: 楓士雄に関しては、今までにいなかったようなキャラクターだと思っています。こうした(ガンをつけるような)感じがないというか、いい意味で格好つけていないんですよね。どちらかと言うと、坊屋春道(※『クローズ』の主人公)や、月島花(※『WORST』の主人公)に似ているなと感じました。おちゃらけていて、バカな感じは異色なので、作品を彩れるような存在だったのかなと思います。僕は楓士雄とは全然違うタイプなので、楓士雄を演じてみて「いいなあ」と勉強させてもらうところも多かったです。普段、結構こういう(クールに格好つけてみせる)感じが、僕は多いので(笑)。

吉野: 司はクールで冷静で、しっかり周りを見ているキャラクターでした。僕も普段冷静っちゃ冷静だけど、クールでは…ないです。逆にぴょんぴょんしています(笑)。

ふたりの息が合ったからこそ完成した、タイマンシーンの思い出

――撮影をしていて「ああ、今『HiGH&LOW THE WORST』の撮影をしてるいんだな…!」と実感した瞬間はありましたか?

川村: 全部やりたかったことだったので、全部のシーンで本当に感じていました。特に「きたあ!」と実感したのは、河原で仲間を引き連れて鳳仙と対峙するシーンです。あの鳳仙の制服軍団と向き合うところは「やばい…!」とビシビシ感じていたと思います。

――川村さんは、そのシーンの中でも「行くぞ、てめぇら」と皆さんを引っ張る一面もありました。そのあたりの思いは?

川村: 鬼邪高は個々が強いのが特徴なので、河原の時点ではそんなにまとまりがなくていいのかなと思っていました。最終的に楓士雄に惹かれて、みんながひとつにまとまっていく形になるといいと思っていたので。けど、それぞれのキャラクターをやっている役者の皆さんが、「楓士雄を頭に」と思ってくださっているのを感じて。やっていくうちに、映画とともに、自分も成長していった感が強いです。映像としても入っているので、その部分で言うと、リアルな感じに近いような気がします。

――吉野さんは、いかがでしょう?

吉野: 僕も一緒です。戦う前、みんなでずらっと並んでいるシーンが実感した瞬間でした。あとは『HiGH&LOW』、『クローズ』、『WORST』で全部あるのが、戦いに向かうときに、大体ひとりで行こうとするんですけど、横からどんどんみんなが入っていくじゃないですか(笑)?

川村: ある、ある(笑)。

吉野: 入っていく瞬間の人になれたことが、うれしかった。ひとりだったのに仲間がいて、みんなで歩いていくところが好きです。

川村: あそこ、すごいよね!

――おふたりのみのシーンで言えば、ドラマ『HiGH&LOW THE WORST EPISODE.O』でも登場していた雨が降る中でのタイマンが非常に鮮烈でした。

川村: すごく大変だったけど、その分よかったよね!

吉野: うん!あのシーン自体、リアルな戦いになったと思っています。「いい作品にしたい」という熱い気持ちにすごくなったシーンでした。雨で、地面もぬかるんでいるので、すごく(アクションが)やりづらい環境ではあったんです。それすらいい意味で利用できたので、本当に戦っている感も出たと思っています。映像で観ても、熱いシーンになったのかな、といううれしさがあります。

川村: すべてにおいて息ぴったりでできたんです。あのレベルで同じ熱量でやれたことが、僕にとってはすごくよかった。それこそ、普通アクションのアドリブって、ものすごく危険なはずなんですよ。予定にない動きをやるので、受けられなかったり、よけられなかったりすると、怪我をしてしまう恐れがあるから。けど、僕たちは思いが強くなったから、思わずアドリブで動いたんですけど、怪我もなく、全部呼吸ぴったりでできたんです。作品に対しての熱量が本当に高くて、パッションも全部一緒だったからこそ、あのシーンが仕上がったんだと思います。

アーティストと役者 ふたつの顔を持つ醍醐味

――楓士雄と司の勝負のように、おふたりがこれまで一番勝負をかけた瞬間は何でしたか?

吉野: やっぱりTHE RAMPAGEのオーディションじゃないかな。本当に自分の人生のすべてを懸けていたので。最初は20秒のオーディションだったんですけど、そこにすべてを投じて、いろいろな思いで歌ったのを今でも思い出します。

川村: そうだね。オーディション以外で言うと、今でも思い出すのが、2017年12月30日の『PKCZ(R) X RIZIN PREMIUM LIVE SHOW』です。THE RAMPAGEとしても出たんですけど、僕は「®AG POUND」(EXILE AKIRA岩田剛典らが所属のクランプチーム)の一員としても出たんです。そのとき、正直いろいろな意見を言われて…、もともと「®AG POUND」に関わらせていただいた中で出ることにはなったんですけど、そのことを知らない人たちが多いわけで、中傷というか反感が起こることもわかってはいたんです。だからこそ、「全員、見とけよ!」という気持ちで踊りました。正直イラついていたところもありましたけど、もともとクランプは怒りを表現するダンスだったりもするので、すべてがマッチした気持ちでした。自分の中では大勝負でしたね。

――役者としての経験がアーティストとして活きること、還元することについては意識していますか? 

吉野: いざお芝居をしてみて感じたのが、役者でしか得られないものや、その経験を自信につなげていくというか。アーティストだけでは経験できないことを持ち帰ることができるのは、大きい財産です。アーティストで歌うとき、表現の幅が増えたなと思っています。歌詞やリリックを歌うにしても、ひとつひとつのモードにしっかり入るような集中力は、すごくついてきたなと感じています。

川村: 本当に、そう思います。アーティストのときはアーティストで120%、役者のときは役者で120%、という自分の信念はあるんです。そのときは全力でやっているので、「還元できたら」とまで考えてやっているわけではないですけど、役者の仕事の中ですべて吸収しよう、という感じではいます。だから、アーティストの仕事を120%でやっているときに「芝居が活きているんだな」と後で気づくことのほうが多かったりしました。

――具体的に、どのような場面で実感したんですか?

川村: この映画を撮ったのが去年の9~10月で、その後、今年THE RAMPAGEのアリーナツアーをやらせていただいたんです。単独で歌わせてもらったとき、バラードの入り方、入れ方がすごく違ったから、「あれ、これは芝居が活きているかも…!」と気づいたんです。いつもクリエイティブ周りでついてくださっているエンジニアさんや、ディレクションをやってくださっている方にも、「芝居をやってから、歌、全然違うじゃん!」とおっしゃっていただけました。

――いろいろとお話いただきありがとうございました。最後に、公開を楽しみにしているAbema TIMES読者にメッセージをお願いします。

川村: 『HiGH&LOW THE WORST』は予告編からも喧嘩のイメージが強いので、「なんか怖い」と思う方もいるかもしれないですけど、ただの喧嘩ではなく、感動できるシーンがありますし、それが人間の大切な部分だったりすると思うんです。心模様や愛がすごく描かれているので、ぜひ観ていただけたらと思います。

吉野: 「鬼邪高校VS鳳仙学園」のふたつのチームがどうなるかも見どころですし、そこからのつながりの話が、すごく熱いところだったり、感動する内容になっています。劇場で観てもらえたらうれしいです。

映画「HiGH&LOW THE WORST」は10月4日(金)より全国ロードショー

©2019「HiGH&LOW THE WORST」製作委員会©髙橋ヒロシ(秋田書店) HI-AX

公式サイト:https://high-low.jp/movies/theworst/

取材・文:赤山恭子、写真:You Ishii

▶動画:GENERATIONSの打ち上げに潜入!高級焼き肉にテンションアップ『GENERATIONS高校TV』

GENERATIONSの打ち上げに潜入!
GENERATIONSの打ち上げに潜入!
高級焼き肉にテンションアップ!
BALLISTIK BOYZ登場!
BALLISTIK BOYZ登場!
公開スタジオからお届け
FANTASTICS登場!
FANTASTICS登場!
GENEも参加?