「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?
番組をみる »

 恋愛リアリティショーときめきトラベルの第14話が配信された。MCはオオカミ少年・片岡正徳、恋愛見届人として相席スタートの山崎ケイ、タレントの柴田あやなが出演。今回はゲストとして俳優の瀬戸利樹が登場した。

 当番組では、男女7人が与えられた予算の中で旅を進め、数々のミッションをこなしながらタイを横断。バンコクから、760km先のゴールである“神秘の洞窟”を目指していく。

 カルチャーミッションで「プーダム」を体験することになったメンバーたち。聞き込みの結果、プーダムがタクシーボートのことだと思ったメンバーたちは、高い料金を支払ってボートに乗り込んでしまう。ボートが向かったのは浮島のレストラン。レストランに着くと店員らしき人から「(プーダムは)タイ語で黒いカニのことだよ」と教えられる。

「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?

 ボートは浮島のレストランへ向かう交通手段として紹介されただけで、本来はボートに乗らなくてもプーダムは食べられた。前日、ミッションをうまく遂行できずに悔し泣きをしていた正太郎は、この事実にショックを受ける。

 実は英語がわかるレイアは、プーダムがボートのことではないことに何となく気づいていたという。しかし、自分が考えている間にメンバーたちが次の行動に移してしまっているため「言いづらい」「間違って引き止めても嫌だし」とスタッフに明かした。

「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?

 これにスタジオメンバーからは、レイアの気持ちを理解しながらも「『今こう聞き取れちゃったんだけど、違うかな?』みたいに言えばいいのでは」という意見も。

レイアをめぐる三角関係に動きが!「こうしてほしいとかある?」

「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?

 この日の夜「3組の男女が密室ラブミッションを行う」というラブミッションが届いた。くじ引きの結果、ダイキとまいぴょんはマッサージ、レイアとゆうとは腕枕、すぐるとまいころはラップキス、正太郎がハズレとなった。

 「つぶれない?」と心配しながらゆうとの腕に寝転がったレイア。ゆうとが「こうしてほしいとかある?」と気遣うと、「かまってほしい」と返答する。山崎は「こういう意外性がいいんだよ男は~」と、レイアの男心をくすぐるテクニックを絶賛。

「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?

 レイアは「ゆうとさんは真面目。元気をくれる。『こういう風な人間性がいいな』って思うのはゆうとさん」と、スタッフに告白。これを聞いたスタジオメンバーは「そうなの?」「もうわからん」とレイアの考えが読めずに困惑していた。

 翌朝、カルチャーミッションで「ナムトックローン」を体験することになった7人。移動中、ゆうとと話していたレイアが正太郎の隣まで移動し、話しかける場面もあった。

「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?

 聞き込みをしてナムトックローンが天然温泉のことだと知ったメンバーたちはテンションMAX。さっそくタクシーで向かう。

 タクシーの中でレイアと隣同士になった正太郎は「3回目の腕枕はどうだった?」と、昨晩のラブミッションのことをたずねた。ライバルのゆうととペアになっていたため、気になっている様子。

 そんな正太郎の気持ちを知ってか知らずか、レイアが「楽しかった。ずっと笑ってた。『もう15分?』って腕枕だった」と答えると、正太郎は複雑そうな表情を浮かべる。スタジオの女性からは、そんな正太郎に「かわいい~!」と声が上がっていた。

※山崎ケイ(崎は正式には「たつさき」の字)

(AbemaTV放送『ときめきトラベル』より)

▶︎本編:泣いている女性にどう対応するのが正解? ドラマ『偽装不倫』で大ブレイク、瀬戸利樹「僕だったら…」(13分ごろ~)

【無料期間あり】瀬戸利樹、泣いている女性にどう対応する?
【無料期間あり】瀬戸利樹、泣いている女性にどう対応する?

▶︎本編:【過去放送】美人ダンス講師の“腹筋”がヤバすぎ? 水着シーン 32分ごろ~(期間限定)

「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?
【まとめて観る】エピソード一覧
【まとめて観る】エピソード一覧
「かまってほしい…」密室で男女が腕枕、女性の“意外なセリフ”が男心をくすぐる?