乙武洋匡氏、息切らしながらも義足で歩行練習「本当に苦しくて苦しくて楽しい」
番組をみる »

 作家の乙武洋匡氏(43)が11月6日、都内で新刊「四肢奮迅」創刊記念の義足歩行公開練習を行った。

 「四肢奮迅」は、乙武氏がチームメンバーと共に、1年半かけて取り組んできた義足プロジェクトの全容を明かした作品だ。これまでの義足との違い、難しさ、意義、また取り組みながら初めて出てきた課題や気づきを、専門性をもったメンバーと知恵を絞って乗り越えていく過程が描かれている。

 実際は、20~30分程ストレッチを行ってから歩行練習が行われるというが、今回はそのうちの2種類のストレッチを披露した。その後片足4.5キロの重さの義足を装着し、息を切らしながらも10メートルほど歩行した乙武氏。「とにかく重い」「お腹の奥が燃えるように熱い」と歩行練習がタフだった事が伺える感想を述べたが、一方で「たった今、義手をつけてハエを払った。人生でした事がなかった」「拍手ができるようになった」と、義手義足を付ける事によってできるようになった初体験を嬉しそうに明かした。

 乙武氏は、歩く事に対して「本当に苦しくて苦しくて楽しい」「超えなければいけない壁があまりにも多い。3歩進んでは2歩戻る、そういう積み重ねで1年半やってきた」とコメント。しかし、「自分が歩きたいという気持ちだけで取り組んでいたら、心が折れていたとおもう。この義足によって、未来に希望が持てる人がいるんだと思うと、しんどいけど頑張るかという気持ちになる」「3年半前のことで、いろんな人の期待を裏切ってしまった。もう一度誰かの役にたてるかもしれないチャンスを頂いたので頑張りたい」と、前向きな気持ちを伝えた。

 また、2020年に開催されるパラリンピックに関しては「義足のアスリートに対してすごく注目が集まると思う。日常生活で使う義足に対しても、このプロジェクトで注目やサポートが集まると嬉しい」とコメント。また、五輪マラソンが札幌に決定した事については「東京だけではなく札幌というとても魅力のある都市に目が向けられるのは、プラスに思う」と意見を述べた。

▶動画:乙武洋匡氏、義足で歩行練習「お腹の奥が燃えるように熱い」

乙武洋匡氏、人生で初めて出来るようになった事
乙武洋匡氏、人生で初めて出来るようになった事

▶動画:都民が抱えてる不安について、乙武洋匡氏とほろ酔いトーク

もしも乙武洋匡が都知事になったらどうする?
もしも乙武洋匡が都知事になったらどうする?