社会人の8割が「もっと褒められたい」の調査結果に大木優紀アナは「褒められるよりもダメ出しがありがたい」
番組をみる »

 社会人の8割が上司から「もっと褒められたい」と思っているという調査結果が明らかになった。

 ディップが1月27日に発表した「社会人300人に聞いた、上司のためのほめる技術調査」(全国の企業に勤める22~65歳の男女が対象)の結果によると、「上司にどのくらい褒められたら満足か」という質問は1位が「月に1回」(53.2%)で、2位は「半年に1回」、3位は「週に1~3回」、4位は「何回褒められてもいい」、5位は「年に1回」となった。

 「上司に使ってほしい褒め言葉は?」という質問では、1位が「さすがだね」、2位が「がんばったね」、3位が「安心して任せられるね」、4位が「仕事が速いね」、5位が「仕事が正確だね」となった。この結果についてコメンテーターで東京工業大学准教授の西田亮介氏は「1位と2位は結果(仕事の成果)と関係ないですよね」とコメント。それにはキャスターを務めるテレビ朝日大木優紀アナウンサーは「褒められるのに理屈は関係ない! 『さすがだね』はやっぱりうれしいですよ」と反論した。

社会人の8割が「もっと褒められたい」の調査結果に大木優紀アナは「褒められるよりもダメ出しがありがたい」

 また、「上司に褒めてほしいポイント」については、1位が「自分の努力」で2位は「自分の成果」、3位が「自分の個性」となった。

社会人の8割が「もっと褒められたい」の調査結果に大木優紀アナは「褒められるよりもダメ出しがありがたい」

 「自分の褒められたいポイント」について西田氏は「解説わかりやすい! おもしろい!?」と回答。理由については「(褒められると)うれしくはなっちゃいますよね。あと、僕は元々関西出身なので、(番組中に)おもしろいことはあまり言わないんですけど、ちょっとおもしろいと思ってほしい」とコメントした。

 大木アナは「ニュース読むのうまくなったね!」と回答。理由については「やっぱり言われたい。入社17年目になるんですが、上司たちもあんまり私が読んでいるのを見てくれなくなる」と答え、続けて「あえて言うなら、この年齢になると、褒められるよりもダメ出しがありがたい」とコメントした。

(AbemaTV/「けやきヒルズ」より)

▶【動画】上司に言ってほしい褒め言葉1位は!?

【動画】さ行強し!上司から言われたい褒め言葉は
【動画】さ行強し!上司から言われたい褒め言葉は
【動画】「うなぎパイ」が高額転売される理由
【動画】「うなぎパイ」が高額転売される理由
【動画】「瓦割り」できるカプセルトイが話題
【動画】「瓦割り」できるカプセルトイが話題