体操競技「ラート」の現役日本代表選手・堀口文さんは全日本チャンピオンであり、世界選手権でメダル獲得経験もある。ラートとは直径2メートル程度の白い鉄製の2本の輪の中に入り体操を行うドイツ発祥の競技。日本ではマイナースポーツのひとつとして扱われている。

体操競技ラート選手、好成績残すも…報道されない悔しさ「衣装も手作り、遠征も自費」
番組をみる »

▲体操競技「ラート」の日本代表選手・堀口文さん

 SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~』(AbemaTV/アベマTV ※毎週土曜21時から放送中)は今回『オリンピックで注目されないスポーツに青春を捧げました女子』がテーマ。日本中が注目するメジャー競技の裏には、脚光を浴びないマイナースポーツも数多く存在する。そんなマイナースポーツをこよなく愛する女性たちがゲストとして登場し、その魅力について語った。

▶︎動画:実はバラエティ番組でみんな観たことがある? “ラート”に乗る堀口選手(無料期間あり)

 ラートは2本の輪を使って前後に回転する「直転」、1本の輪のみを使って傾きながら回転する「斜転」、輪を転がしながらその上を飛び越える「跳躍」の3種目に分かれており、いずれも技の難度・演技の構成・芸術性などから採点される。ヨーロッパでは人気が出始めたスポーツのひとつだが、堀口さんによると「日本国内の競技人口は約500~600人程度」だという。

 バトミントンに秀でていた堀口さんは体育系の大学に入学。授業の一環でラートに出会った。ちょうどバトミントン以外で、自分に合うスポーツを探していたところだった。

体操競技ラート選手、好成績残すも…報道されない悔しさ「衣装も手作り、遠征も自費」

 2014年の第7回世界チームカップ ラート競技選手権で優勝した際の金メダルや、2019年4月に日本で行われた第9回世界ラートチームカップの銀メダルをスタジオに持参した堀口さん。堀口さんによると「日本で世界大会が行われたのは2019年が初」であり、大会の開催地は堀口さんの地元・秋田だった。秋田では、堀口さんの世界大会準優勝がニュースになったが、全国規模のニュースにはならず、堀口さんは悔しさをにじませた。

 ラートの大会では、フィギュアスケートのようにきらびやかな衣装を着用して演技を行う。堀口さんが実際に着用した衣装を披露すると、そのデザインの繊細さにスタジオでは感動の声が寄せられた。予算の関係で、堀口さんは衣装にかかる費用を自分で負担し、自分の手で制作しているのだという。

体操競技ラート選手、好成績残すも…報道されない悔しさ「衣装も手作り、遠征も自費」

 2020年の東京オリンピックには体操競技も数多く含まれている。もしラートがオリンピック競技のひとつであったら、確実に日本代表として選出されていた堀口さん。小さい頃からオリンピック選手の夢を見ているため「うらやましいですね」と本音を明かす。

 堀口さんは「ラートの選手たちもメジャースポーツと同じくらい真剣にトレーニングを行っている。メディアもメジャースポーツと同じくらい取り上げてくれたらうれしい」とした上で「自分たちでも変えていかなきゃいけない」とコメント。

 知名度が上がればファンが増え、精神面でも大きな支えとなる。また、スポンサーが増えれば、遠征費などの支援をしてもらえる可能性もある。遠征費を全額自己負担している状態の堀口さんは「費用に関する心配がなくなれば、より競技に集中できるはず」と訴えた。

(AbemaTV/「Wの悲喜劇 ~日本一過激なオンナのニュース~」より)

▶︎本編:くるくる動く姿が美しい“ラート” SHELLY絶賛の手作り衣装(冒頭~6分ごろまで)

【動画】カヌーは1艇約40万円? マイナースポーツ選手の金銭事情
【動画】カヌーは1艇約40万円? マイナースポーツ選手の金銭事情
【動画】「温かい家庭を夢見て…」美奈子、再婚と離婚を繰り返して掴んだ幸せ
【動画】「温かい家庭を夢見て…」美奈子、再婚と離婚を繰り返して掴んだ幸せ
【動画】和歌山毒物カレー事件 林眞須美死刑囚の長男が“あの夏”からの人生を語る
【動画】和歌山毒物カレー事件 林眞須美死刑囚の長男が“あの夏”からの人生を語る