妖怪「アマビエ」が“ビックリマン風”シールに 裏側は「買ってからのお楽しみ」
番組をみる »

 広洋産業のオンラインショップ「ラビッティショップ」で27日、ビックリマンシールを手がけた米澤稔氏による「アマビエさまシール」が発売された。

【映像】ビックリマンシールの米澤稔氏がデザインしたキャラ「ラビッティ」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、疫病よけの言い伝えが話題になっている妖怪「アマビエ」。SNSではアマビエのイラストを描き、疫病退散を呼びかけるユーザーも多い。

 長年ビックリマンのキャラクターデザインを担ってきた米澤稔氏も自身のTwitterにアマビエのイラストを投稿。これを見たファンから「シールで欲しい!」「キラキラにしてあげて」などの声が殺到した。作者の米澤氏が「どこかの企業さん商品化してください(笑)」と呼び掛けると、バリアフリーの昇降機などを手がける広洋産業がシール化に協力。2年前、広洋産業に「ラビッティ」というキャラクターを描いていたことが縁につながったという。

妖怪「アマビエ」が“ビックリマン風”シールに 裏側は「買ってからのお楽しみ」

 シールセットは全3種類の展開で、28日15時の段階では「アマビエさまシール」「アマビエちゃんシール」の2枚セット(税込1980円)が販売されている。シール5枚入りセット(税込4950円)、10枚セット(税込9900円)はそれぞれ売り切れだが、現在再販売も検討中とのことだ。

 画像はまだ試作サンプルで、広洋産業の担当者によるとシールの販売で得られる収益は諸経費を除いたほぼ全額を子供向けの活動をする団体に寄付するという。シールの裏側には「ビックリマン」同様、裏書があり、「何が書いてあるかは買ってからのお楽しみです」と話した。

ABEMA/『けやきヒルズ』より)

▶︎映像:「アマビエ」シールの裏側は…「買ってからのお楽しみ!」

【映像】ビックリマン世代は絶対欲しい? 疫病退散「アマビエ」シール
【映像】ビックリマン世代は絶対欲しい? 疫病退散「アマビエ」シール