キャラ崩壊中の町田ゼルビアFW中島が屈辱の罰ゲーム!「恥ずかしいな~!」
番組をみる »

 J2・FC町田ゼルビアをテーマにしたABEMAの“サッカーリアリティーショー”「FC町田ゼルビアを作ろう~ゼルつく~」6月26日放送回で、サッカーゲームで敗れたFW中島裕希がFW岡田優希とのコラボ(?)による一発芸を披露した。

【動画】中島、渾身の一発芸

 同番組では、J2・FC町田ゼルビアの選手によるウイニングイレブン対決「ウイイレ王決定戦」を実施。FW中島裕希、DF大谷尚輝、FW岡田優希、MF佐野海舟がゼルビアNo.1ウイイレプレイヤーの座を賭けてトーナメントを戦った。1回戦では中島が、ベテランらしからぬハイテンションのリアクションで自らのキャラを崩壊させる一幕もありつつ、固い守備で岡田に勝利。一方、“ウイイレレート900”を誇る実力者大谷は、攻撃センスとテクニックを駆使し佐野を5-1という大差でくだしている。くしくも決勝は、圧巻の破壊力を見せたDFと、鉄壁の守備を見せたFWの対決となった。

キャラ崩壊中の町田ゼルビアFW中島が屈辱の罰ゲーム!「恥ずかしいな~!」

 初代ウイイレ王を決める戦いの前に自信のほどを聞かれた中島は、一言「ないです」と即答。それでも「気持ちは伝わるんで」と自信を見せる。対する大谷は、その圧倒的実力差から「5点差をつけて勝ちたい」と豪語するなど余裕の表情を見せた。これを聞いた岡田が「じゃあ5点差つけられなかったら罰ゲームで」と提案。実は1回戦で、敗れた岡田と佐野は一発芸の罰ゲームをさせられていたのだった。さすがに大谷も「3点にしていい?」と下方修正するが、それでも「3点差つけれんかったら一発ギャグやるわ」と承諾する男気を見せた。

 試合は決勝にふさわしく締まったゲームとなるが、少ないチャンスをものにした大谷が2-0で勝利。見事初代ウイイレ王の座に輝いた。「3点差をつかられなかったら罰ゲーム」という言葉が重くのしかかり、笑顔のなかった大谷だったが、そこは初代王者ということで罰ゲームは免除。そして岡田と佐野に続き、敗退した中島が罰ゲームとして一発ギャグを披露することとなった。

 何をやるか悩む中島。するとここで岡田が中島に何やら耳打ちをする。なんと、自らが1回戦で披露した一発ギャグの別バージョンを提案したのだ。その内容に中島は「恥ずかしいな~!」と苦笑しつつ、意を決して伝授されたギャグを決行。おもしろかったかどうかはともかく、貴重なシーンとなった。

(ABEMA/「FC町田ゼルビアをつくろう~ゼルつく~」より)

【動画】中島、渾身の一発芸

中島、キャラ崩壊の一発ギャグ
中島、キャラ崩壊の一発ギャグ

【動画】初代ウイイレ王に大谷尚輝!

初代ウイイレ王に大谷!
初代ウイイレ王に大谷!