「どんなことがあっても家を失わない社会を」“コロナ困窮”の長期化、生活苦支援に1億円超集まる
番組をみる »

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、雇用への打撃が止まらない。2020年5月の完全失業者数は198万人で4カ月連続の増加、前年同月に比べて33万人の増加になった。

【映像】1万人以上から募金が寄せられたクラウドファンディング 驚きの寄付総額(2分30秒ごろ~)

 東京都大田区にある社会福祉協議会では、借り入れの相談会が行なわれていた。4つあるブースはすべて埋まっており、この日も生活資金に困っている人が相談に来た。緊急小口資金(休業などで収入が減った人に向けて最大20万円を無利子で貸し出す制度)の相談に来ていた建設業の男性(39)は「3月から現場が少なくなった」という。感染拡大と共に仕事が激減し、緊急事態宣言の解除後もほとんど戻ってきていない状況だ。

「どんなことがあっても家を失わない社会を」“コロナ困窮”の長期化、生活苦支援に1億円超集まる

 5月に緊急小口資金20万円を借り入れたタクシー運転手の男性(64)は「それ(緊急小口資金)を6月で生活費に充てて。7月に入ってから給付金10万円が振り込まれたので、7月分はその分でやりくりして、今回もまた相談にきた」と、コロナウイルスによる影響が長引いている実情を明かした。

 新型コロナウイルスによって懸念される困窮の長期化。そんな中、あるクラウドファンディングが話題を集めている。新型コロナの影響で生活が苦しくなった人を支援するために、4月から行われた認定NPO法人「抱樸(ほうぼく)」による「#家から支えよう」プロジェクト。集まった金額はなんと、1億1400万円以上。

「どんなことがあっても家を失わない社会を」“コロナ困窮”の長期化、生活苦支援に1億円超集まる
「どんなことがあっても家を失わない社会を」“コロナ困窮”の長期化、生活苦支援に1億円超集まる

 「抱樸」はホームレス支援などに取り組む北九州市のNPO法人。1万人以上から募金が寄せられたことについて、理事長・奥田知志さんに話を聞くと「多くの人が他人事じゃないという思いを持っていたのでは」と話す。

「何百万単位で募金された人はごく少数で、1000円、5000円、1万円がほとんど。総数で1万人の人が参加されましたが、6割7割が少額でした。やはり、余裕のある人がかわいそうな人・苦しんでいる人を助けるということではなく『他人事じゃない』『自分も実は大変なんだけどわずかでもこれに参加したい』という思いが伝わってくる募金でした」(以下、奥田知志さん)

 これまで「抱樸」には、コロナの影響で解雇され、仕事や住む場所を失った人たちの声が寄せられていたという。今回集まった寄付金は、仕事や住む場所に困った人たちが安い家賃で暮らせる住宅の確保に活用される。

「最終的には100軒から150軒の家具付きですぐに入れるアパートを確保して、プラスそこに支援員を付ける。最大のテーマは『1人にしない』ということ。家族なき時代と言われている今、再就職に向けての支援も含めた住宅を提供する。どんなことがあっても家を失わない社会でありたい」

 クラウドファンディングは27日に終了したが、引き続き「抱樸」では寄付を受け付けている。

ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)

※ABEMAヒルズでは「#アベヒル」で取材してほしいことなど随時募集中

【映像】“コロナ困窮”支援に1億円超集まる
【映像】“コロナ困窮”支援に1億円超集まる