藤井聡太棋聖、決断の一手が新記録につながるか 木村一基王位と熱戦中 形勢ほぼ互角/将棋・王位戦七番勝負
番組をみる »

 将棋の最年少棋士・藤井聡太棋聖(18)が8月20日、王位戦七番勝負第4局で木村一基王位(47)と対局中だ。前日19日に封じた一手は、リスクを恐れず鋭く踏み込んだ周囲の関係者を驚かせる大英断。受けの巧者と知られる木村王位を下しタイトル奪取、10代初の二冠と最年少八段のW達成なるか。形勢はほぼ互角と見られている。

【中継】木村王位 対 藤井棋聖 互角で折り返し 王位戦第4局、決着の2日目

 藤井棋聖が開幕から3連勝して迎えた第4局は、大逆転での防衛を目指す木村王位が、第2局と同じく得意の相掛かりを採用。藤井棋聖は飛車で横歩を取るなどし、序盤から難しい局面が繰り返された。藤井棋聖の飛車の動きが難しくなったところで1日目の終了を迎えたが、2日目の明かされた封じ手では、超積極策と安全策の二択だったが、藤井棋聖の選択は前者。局面は激しい中盤戦へと向かった。

 10月でプロデビューから丸4年を迎える藤井棋聖だが、本局に勝利した場合には新たな記録を2つ達成する。一つは10代初となる二冠達成で、現在の記録は羽生善治九段(49)が持つ21歳11カ月。もう一つは最年少での八段昇段で、こちらの記録は加藤一二三九段(80)が持つ18歳3カ月だ。藤井棋聖は現在18歳1カ月。

 本局の持ち時間は各8時間の2日制。先手は木村王位。ABEMAではこの対局を終了まで生放送する。

【昼食の注文】

木村一基王位 糸島ポークカツカレー 藤井聡太棋聖 福岡産高菜ピラフ

【昼食時の残り持ち時間】

木村一基王位 2時間30分(消費5時間30分) 藤井聡太棋聖 5時間43分(消費2時間17分)

(ABEMA/将棋チャンネルより)

王位戦 七番勝負 第四局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖
王位戦 七番勝負 第四局 2日目 木村一基王位 対 藤井聡太棋聖