9月29日、『恋する♥週末ホームステイ 2020 September』(通称『恋ステ』)#3が放送。ABEMAビデオ限定で、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE・川村壱馬インタビューとレコーディング風景を収めた映像が公開された。

THE RAMPAGE川村壱馬、『恋ステ』挿入歌「Seasons」は「感謝と愛を注ぎ込んだ楽曲」
番組をみる »

▶︎動画:THE RAMPAGE川村壱馬インタビュー

 今シーズンの『恋ステ』では、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲「MY PRAYER」を主題歌に、「Seasons」を挿入歌に起用している。そこでABEMAビデオでは「MY PRAYER」のレコーディングに密着する企画を展開中。その第2弾に、THE RAMPAGE from EXILE TRIBEでボーカルを務める川村壱馬が登場した。

 インタビューの冒頭で川村は、「Seasons」に込められた想いを「ファンの皆さん、今まで支えてくださっている人たちに対しての感謝の気持ちと愛を注ぎ込んだ楽曲」と説明。「この曲を一言で例えると?」との質問には、「コンセプトとしては絆」と答えつつ、「いろんな受け取り方ができると思う」と、聴く側の受け取り方を尊重する姿勢を示した。

THE RAMPAGE川村壱馬、『恋ステ』挿入歌「Seasons」は「感謝と愛を注ぎ込んだ楽曲」

 一方の「MY PRAYER」には「若さ、フレッシュさを感じる」とコメント。曲を通して伝えたいことを問われると、「恋愛している時に聴いて、思い出として残るような曲になればいいなと思っている。鮮明にその時の景色がよみがえってくる曲ってあるじゃないですか。そういう風に届けばいいのかな」と語った。

THE RAMPAGE川村壱馬、『恋ステ』挿入歌「Seasons」は「感謝と愛を注ぎ込んだ楽曲」

 最後に川村は、『恋ステ』の視聴者に向けて「楽しいこともつらいこともあると思います。今この瞬間が嫌で嫌で仕方ない、逃げ出したい時もあるかもしれないし、逆にとびきり楽しくて『今が最高!』みたいな時もあるかもしれない。いいことも悪いことも全部自分の中で受け止めて消化して、次のことに役立てるような経験にしていけばいいのかなと。まずは今を思い切り楽しんで、良い意味で幸せでいてくれればいいのかなと思います」とメッセージを送り、インタビューを締めくくった。川村が歌う「MY PRAYER」のレコーディング映像は、ABEMAビデオで公開中。

恋ステ #2【ビデオ限定「MY PRAYER」メイキング 川村壱馬編】
恋ステ #2【ビデオ限定「MY PRAYER」メイキング 川村壱馬編】