ジェニーハイ、無観客ワンマンライブで全16曲披露 アリーナ単独公演の開催も決定
番組をみる »

 5人組バンド・ジェニーハイが27日、Zepp Tokyoで今年2月の初ツアー以来、8ヶ月ぶりとなるワンマンライブを無観客で行った。

【映像】ジェニーハイ無観客ライブの様子

 ジェニーハイは、BSスカパーのバラエティ番組の企画から誕生したバンドで、ゲスの極み乙女。の川谷絵音(Gu)がプロデュースを務め、中嶋イッキュウ(Vo)、新垣隆(Key)、くっきー!(Ba)、小籔千豊(Dr)という個性派の5人が集まっている。

ジェニーハイ、無観客ワンマンライブで全16曲披露 アリーナ単独公演の開催も決定

 今回の公演では、お笑いコンビ・どぶろっくやBiSHアイナ・ジ・エンドがゲストとして登場。『不便な可愛げ feat アイナ・ジ・エンド(BiSH)』や新曲『コクーンさん』など、全16曲を熱唱した。

【映像】アイナとWボーカル『不便な可愛げ』など全16曲

 最後にプロデュースを担当している川谷から、「バンド初のアリーナ単独公演の開催決定」というサプライズ発表も。会場は国立代々木競技場 第一体育館で、来年の2月7日に開催される。そして、タイトルが「アリーナジェニー」と発表されると、くっきー!は「何でもジェニーを付けるのはやめなはれ」と苦笑していた。

ABEMA/『ABEMA NEWS』より)

ジェニーハイ 来年アリーナ単独公演
ジェニーハイ 来年アリーナ単独公演