競輪・オートレースなど公営競技のインターネット投票サービスを提供する株式会社WinTicketの制作デザインが、12月28日から30日まで平塚競輪場で開催される「KEIRIN GRAND PRIX 2020」のメインビジュアルおよび、メインコンセプトに採用された。

 WinTicket社は、インターネット競輪投票サービス「WINTICKET」を運営。ABEMAでも、競輪・オートレースチャンネルで数々のオリジナル番組を配信し、競輪市場の活性化、新しい価値の提供を目指し、サービスやデザインの開発、コンテンツの提供を多岐にわたり行っている。

 今年の「KEIRIN GRAND PRIX 2020」は新型コロナウイルスの感染症対策を講じて行われることが決まっており、観客は神奈川県在住で事前抽選により当選した2000人限定となる。

 今回制作されたメインコンセプトでは、肉体で勝負する競輪の世界、そこにある“選手の強さ”を「ヒトは、強い。」というメッセージに込め、選手の力強い顔にフォーカス、その表情でヒトの「強さ」を表現。さらに選手の内面にある強さを、手描きの軌跡で描き、エネルギーを感じてもらえるように仕上げた。

 またコンセプトを元に、グランプリ出場権をかけた2020年全日本選抜競輪で優勝し、2020年の KEIRIN GRAND PRIXの出場を決めた1人目の選手である清水裕友選手 ver. のコンセプトビジュアルを、WINTICKET KEIRIN GRAND PRIX 2020 特設ページ(https://www.winticket.jp/keirin/keiringrandprix/)で公開。特設ページでは、清水裕友選手からの、本大会にかける特別コメントも公開している。今後、「KEIRIN GRAND PRIX 2020」に出場する全9選手ver. も公開予定だ。

 さらに12月22日に開催される「KEIRINグランプリ2020 共同記者会見・前夜祭」の「前夜祭」部門を、ABEMAの競輪・オートレースチャンネルにて独占生配信。例年は1会場に選手やファン、メディア記者が一同に会す場だが、今回はコロナ対策により、選手はリモートで出演する。「前夜祭」の独占生放送に合わせ、過去に配信した『ぶっちゃけいりん』などのオリジナル番組のスペシャル版の生配信企画も予定だ。

■メインコンセプト

▼「ヒトは、強い。」に込めた想いについて

肉体で勝負する競輪の世界。そこにあるのは「選手の強さ」です。競輪を広く知ってもらうために、選手の魅力を伝えたいと考えました。グランプリという頂点を決める戦い、個人の強さを競い合うレースだからこそ訴えたい「強さ」。そして、新しい日常がはじまった世界の中で、我々が信じていきたいことはヒトの「強さ」です。

▼「KEIRIN GRAND PRIX 2020」参加予定 清水裕友選手 ver.初公開

<清水裕友選手>

山口防府出身。日本競輪学校第105期卒業。日本競輪選手会山口支部所属。

2019年 KEIRIN GRAND PRIX 2019 出場(5位)

2020年 全日本選抜競輪 優勝

WINTICKET KEIRIN GRAND PRIX 2020 

https://www.winticket.jp/keirin/keiringrandprix/

■「KEIRINグランプリ2020 共同記者会見・前夜祭」/「前夜祭」部門「ABEMA」独占生配信 概要

12月22日開催の 「KEIRINグランプリ2020 共同記者会見・前夜祭」。その「前夜祭」部門を「ABEMA」の競輪・オートレースチャンネルにて独占生配信。過去に複数の「ぶっちゃけいりん」などのオリジナル番組のスペシャル版の生放送企画も予定。

配信日時:2020年12月22日(火)19時~(予定)

配信: 競輪・オートレースチャンネル

番組URL:https://abema.tv/channels/keirin-auto/slots/Ek4k1krshcoMSf

■「KEIRIN GRAND PRIX 2020」について

年間6開催のG1レース優勝者及び獲得賞金上位者という、競輪選手約2200人の中のトップ9人に出場資格が与えられる、その年の「真の競輪王者決定戦」。2020年は12月28日~30日まで平塚競輪場にて開催予定。