親にも心配された「パンチ締め」を知ったのは2話前だった!「リゼロ」オットー役・天崎滉平のドキドキ生活
番組をみる »

 主人公が友人に殴り倒されて節目を迎える、という作品も珍しいかもしれない。TVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、リゼロ)2ndシーズンが、前半クール計13話の放送を終えた。通算38話目のラストシーンは主人公・スバルが、仲間のオットーに強烈なパンチを食らうという、とにかく今後が気になるものだった。オットー役の声優・天崎滉平に聞くと、通称「オットーパンチ」による前半締めは、わずか2話前のアフレコ時に伝えられたものだったという。

【動画】深まる謎をもう一度「Re:ゼロから始める異世界生活」2ndシーズン

-2ndシーズンでは活躍ぶりが目立ったオットーですが、なんと最後はスバルに一撃見舞うという、なんとも気になる前半クールの締めでした。

 天崎滉平(以下、天崎)

 2ndシーズンでは、反響がありましたね! Twitterで「オットー」というワードをトレンドに入れていただけました。それも1度ならず、という感じで。1期の頃を考えると、こんなに喜んでいただけるとは……という想いです。1期の時から、原作の長月達平先生やスタッフの方々から「2期はオットーがすごいことになるよ」と言われていたのですが、僕が演じることによって「すごいことにならなかったらどうしよう…」というプレッシャーもありまして(笑)反響があったことに、ホッとしました。

親にも心配された「パンチ締め」を知ったのは2話前だった!「リゼロ」オットー役・天崎滉平のドキドキ生活

あの「オットーパンチ」で終わることは、いつ聞いたんですか。

 天崎

 「パンチ」が38話ですが、その2話くらい前のアフレコの時に知ったんです(笑)オットーがスバルを殴って終わると。僕自身、2ndシーズンをどこで切るんだろうということはずっと考えていたんですが、まさかオットーで切れると思っていなかったのでびっくりしました。それでも「オットー、頑張らねば!」というプレッシャーは常にあったので、「やることは変わらない!」と思って、前半クールの終わり方を聞いた後も平常心で頑張ることができました。

-アニメだけ見ているファンからすれば、とにかく真意が気になるところです。

 天崎

 オットーの真意も言葉の端々には出ていたんですが、なんで殴ったんだろうってなりますよね。スバルがどうしよう、どうしようと慌てているところに、深呼吸をさせておいて殴るとか…。先を知らない方からすれば、いろいろな考え方ができますよね。自分の親からも言われましたね。「最後に殴っちゃったから、びっくりしちゃって…。あれ、大丈夫なの?友達なんでしょ?」と(笑)

親にも心配された「パンチ締め」を知ったのは2話前だった!「リゼロ」オットー役・天崎滉平のドキドキ生活

-第32話「ユージン」に代表されるように、スバルとオットーの関係が強くなったところが描かれた2ndシーズンでした。

 天崎

 巻き込まれ体質の人って、たぶんいい人なんですよね。いい人だからこそ、捨てきれず巻き込まれていると思うんです。オットーも1期のころから、そこは変わらないのかなと。スバルは何度も何度もいろいろな経験をして、すごく長い時間を過ごしていますが、オットーからしたら出会ってそんなに長きをともにしたわけではない。なのにスバルに対して「どうしてここまでするんだろう」と思いますよね。原作を読んでいる方はご存知だと思いますが、後半クールの中でこの謎が紐解かれるシーンがあります。そこを見て僕は納得がいきました。なんでそこまで気にかけて助けようとするのか。すごく腑に落ちた瞬間があったんです。だから、謎が解ける日が来るのを楽しみにしていただけたらと思います。

親にも心配された「パンチ締め」を知ったのは2話前だった!「リゼロ」オットー役・天崎滉平のドキドキ生活

-特に生きることを諦めたスバルに発破をかけて、最後はガーフィールの手によって倒れるシーンは印象的でした。

 天崎

 オットーの芯の強さというか、絶対に敵わない相手、力じゃ敵わない相手にも毅然と立ち向かう勇気がありましたね。ミニアニメの「Re:ゼロから始める休憩時間(ブレイクタイム)」の収録をしたことで、あそこでガーフィールと対峙する強い気持ちの持っていき方を作れた気がします。スバルを助けたシーンは、もうスバルが諦めちゃっているんですよね。オットーは、自分が死ぬかもしれないという気持ちで助けに行っているとは思っていなくて、スバルが諦めていることに対しての怒り、「助かる可能性があるなら捨てるなよ!」っていう気持ちだったんだろうと推察します。

-オットー以外にも謎は深まるばかり、といった2ndシーズンでした。この謎を理解するのに原作を読んだ方がいいでしょうか。アニメだけの方がいいでしょうか。

 天崎

 原作を読まないままで後半クールを見ていただいても、絶対楽しめる内容になっています。でも原作があるアニメなので、原作とアニメとで両方で補完してもらえると、よりリゼロのことを深く楽しめると思います。僕も台本をいただいた時に、台本と同じ進行で原作を読んだりするんです。感情の流れとかを確認したい時は、原作を読んで気持ちを作ることはよくありました。だから、オンエアを見て気になったら原作を読む、ということをしたら、より楽しめるんじゃないかなと思います。きっとアニメにはアニメの、原作は原作の良さがあるので、両方楽しんじゃえばいいと思います。

親にも心配された「パンチ締め」を知ったのは2話前だった!「リゼロ」オットー役・天崎滉平のドキドキ生活

-演じる上での「原作との触れ方」についてもう少しお願いします。

 天崎

 僕は常に原作を片手に持ちながら…という方ですね。リゼロの原作は、特に感情の機微や動かし方について、言葉の説明がとても丁寧な気がするので、普段以上に頼っていました。原作は、仮に一度読んでしまっていたとしても、演じる時にはアフレコの進行に合わせてまた読みます。もちろん台本も先まで読むんですが、キャラクターが知っていること、知らないことがあるじゃないですか。このシーンは「オットーは知らないな」というものは意識しています。(話を知っている)素の天崎が出ないように。

-では最後に、後半クールが始まる1月を待つファンの方々にメッセージをお願いします。

 天崎

 オットーにフォーカスを当てても、ここまでいろいろとお話ができる作品ですし、続きがとても気になるくらい楽しめるけれど、お疲れにもなったと思います。だからこの3カ月は、ちょっとゆっくりエネルギーを貯めていただければと思います。後半クールもオットーは頑張りますし、そのシーンにみなさんも耐えられるように英気を養って、ぜひ1月から後半クールを見ていただきたいです。見ていただけない方には、僕がオットーパンチをしに行きたいと思います!(笑)

※天崎滉平の「崎」の字は「たつざき」が正表記

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活
Re:ゼロから始める異世界生活
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る