あなたはレム派?ラム派?「リゼロ」ガーフィール役・岡本信彦「ラムの心の強さに惚れ込む」
番組をみる »

 好評のうちに3カ月を駆け抜けたTVアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」(以下、リゼロ)2ndシーズンの前半クール。アニメでは初登場となるキャラクターも多数いる中、ますます謎は深まり、衝撃の展開が続いている。2ndシーズンから登場したガーフィールは、主人公スバルが「死に戻り」で周回を重ねる中で、仲間にも敵にもなるキャラクター。ただ、そんなガーフィールがブレずに思いを寄せるのが双子メイドの姉・ラムだ。ガーフィール役を演じた声優・岡本信彦に、「リゼロ」ファンの中でも意見が分かれるレム派、ラム派について持論、さらにここまで演じた感想を聞いた。

-2ndシーズン、お疲れ様でした。まずは周囲の反響、手応えからお願いします。

 岡本信彦(以下、岡本)

 「リゼロ」が好きな人はまわりに山ほどいるので、それだけ人気な作品に参加できてうれしかったです。何が一番びっくりしたかって、うちの事務所の社長が好きで見ていたってことですかね(笑)「ごめん、岡本のキャラじゃなくて、エキドナが好き」って言っていましたけど。そのぐらい人気作品というか、いろいろな人から注目される作品に出演できてうれしく思います。

-岡本さん演じるガーフィールは、2ndシーズンから登場しました。オファー前に、ファンの方からも「やってほしい」という声が届いたと聴きました。

 岡本

 だから(オファーは)本当にうれしかったです。ただ、喜びも大きかったんですが、演じた後に「やっぱり違った!」とか思われたらという不安もありましたけど(笑)

あなたはレム派?ラム派?「リゼロ」ガーフィール役・岡本信彦「ラムの心の強さに惚れ込む」

-ガーフィールと言えば、会話にかなり特徴があります。

 岡本

 収録で小さい「っ」を入れるのが難しいんです、それっぽく入れるのが。この前の収録で「そんっな!」というのがあったんですが、やりすぎるとさすがに変なので、ちょっと「ん」を長めにする程度にさせていただきました。見ている方に「ん?」とは思ってほしいんですけど、それが違和感になってしまうとみなさんが作品に集中できなくなっちゃうし、それは嫌だなと。特にシリアスなシーンがきつくなるんですよね。

-ガーフィールの自然なクセとして聞いてもらうということですか。

 岡本

 (原作の)長月先生も、ガーフィールの歯が引っかかっちゃって、「っ」が出ちゃうとおっしゃっていたんです。ある意味で本人が噛んでいるんですけど、あまり噛みすぎると岡本の失敗になっちゃうので、そこは難しかったです。なので、ガーフィールは難しいながらもやりごたえのあるキャラクターだなと思っています。本当に演じていて楽しいし難しいです。

あなたはレム派?ラム派?「リゼロ」ガーフィール役・岡本信彦「ラムの心の強さに惚れ込む」

-さて、ガーフィールと言えばラムとの関係が様々なパターンで描かれました。

 岡本

 ラムもレムもいるけど、やっぱりレム好きという人が周りに多いんです。現場でも、「なんでレムが人気なの?」と聞いたところ、男性からはあれぐらいグイグイとべた惚れで来てくれる方が今の男にしたら安心感があるのでは?とのことでした。いやあ、多分もうこれは時代ですね、男性が弱くなった証拠なのではないでしょうか(笑)

-気の強いガーフィールはラム推しです。

 岡本

 僕もラム、すごい好きです。ガーフィールもラムの心の強さに結構惚れ込んでいるところもあるかと思います。僕も相手からぐいぐい来られる方がキツいかもしれません(苦笑)ガーフィールのラムが好きっていう気持ちは、小学生の男の子が好きな女の子にちょっかいを出すのと似ていますよね。それをまた突っぱねるラムも好きなんだと思います。突っぱねてこなかったら、逆にどうしたんだろうとうろたえるんじゃないかと、勝手に思っています。

あなたはレム派?ラム派?「リゼロ」ガーフィール役・岡本信彦「ラムの心の強さに惚れ込む」

-ガーフィール、ラムがロズワールの手にかかり、共に倒れるという衝撃的なシーンがありました。(第36話=死の味

 岡本

 ガーフィールの一番の見せ場だと思っています。個人的なお芝居の見せ場としては、ラムが死ぬところのシーンで、ガーフィールの思いの強さ、優しさが見え隠れするんです。傷ついたラムに治癒魔法をかけ続けている描写もとてもドラマチック。悲痛な思いを声にした時のお芝居というのが、個人的には見せ場のポイントの一つだったかなと思います。細かいところなんですけど、ラムが倒れる時に抱きかかえながら倒れるところも含めて、やっぱりガーフィールは男だなって思うんです。

-最後に1月からの後半クールを楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。

 これからそれぞれの思惑がだんだん点と点で繋がってくる、そんな話が待っております。これからも「リゼロ」を一層楽しんでもらえるように、役者一同頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします!

(C)長月達平・株式会社KADOKAWA刊/Re:ゼロから始める異世界生活2製作委員会

Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season
Re:ゼロから始める異世界生活
Re:ゼロから始める異世界生活
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る
【会員登録】初回14日間無料で「Re:ゼロから始める異世界生活」全話を見る