千鳥・大悟から“クズ名言”が誕生「テレビで言える範囲のギャンブルなんて、まだクズじゃない」
番組をみる »

 お笑いコンビ・千鳥大悟が、自身がMCを務めるABEMAのバラエティ「チャンスの時間」で大喜利企画に挑戦。ギャンブルに関する納得の“クズ名言”を言い放ち、相方のノブも「クズにも種類が色々あるんですね」と感心した様子を見せた。

【動画】千鳥・大悟の口から“クズ名言”が爆誕

 12月2日に放送された「チャンスの時間」では、クズなのに憎めない“クズかわいい”芸人のナンバーワンを決める「クズかわいい笑点」が開催された。クズエピソードを持つ4人の芸人が、大喜利で競い合うという主旨の同企画。大悟も挑戦者の一人として参戦を果たした。

千鳥・大悟から“クズ名言”が誕生「テレビで言える範囲のギャンブルなんて、まだクズじゃない」

 「デートに8時間遅刻!彼女が許してくれる謝罪とは?」「財布からお金を抜いた代わりに何を入れる?」といったお題に回答していく大悟。そんな中、司会進行役のノブが「今、粗品がすごくギャンブルしてるじゃないですか。1日で700万使ったとか。あれについてはどう思ってるんですか?」と尋ねると、お笑いコンビ・相席スタートの山添寛は「僕は、ひどいクズだなと思いますね。あれって自分の私利私欲のために使ってるお金じゃないですか。僕は誰かを笑顔にさせるクズなんで」と否定的な考えを示した。

 山添の言葉を聞いていた大悟も「テレビで言える範囲のギャンブルなんて、まだクズじゃない」とバッサリ。その理由を「ギャンブルを隠しだしたら本物やから」と力強く語った大悟に対して、山添が「名言です」と頷いてみせたほか、スタジオに拍手と笑いが巻き起こった。さらに大悟は「テレビで言えている間はまだまだ大丈夫です」と説明。これにはさすがのノブも「お金があるってことだ。クズにも種類が色々あるんですね」と感心しきりの様子だった。

(ABEMA/チャンスの時間より)

自分たちの過去の発言にヒヤヒヤ…?
自分たちの過去の発言にヒヤヒヤ…?
千鳥大悟から飛び出した“クズ名言”
千鳥大悟から飛び出した“クズ名言”
【会員登録】14日間無料で「チャンスの時間」過去回を見る
【会員登録】14日間無料で「チャンスの時間」過去回を見る